あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

日常(良寛を飲む)++++++


良寛は廃蔵した美の川酒造のお酒でございますね。
これは熟成酒だけど軽い口当たりなのでだいたい何食ってもイケる。



【メモ:酒系】
◆「飲みたい気持ちは…」 断酒中の前園真聖は“解禁”7年後|日刊ゲンダイDIGITAL
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/202140
いい写真やな。生殺し感あるw
拡大↓
https://www.nikkan-gendai.com/articles/image/geino/202140/64133




◆焼酎飲み放題イベント「2017鹿児島焼酎フェスin Tokyo」開催間近!魔王、萬膳、伊佐美、三岳など有名銘柄に加え、東京で流通してない銘柄も多数出展決定!3月28日(火)|PRTIMES_JP
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000023582.html
公式
http://satsumashochu.com/c-topics/%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E7%84%BC%E9%85%8E%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B92017%E3%80%80in-tokyo/

※昨年の5000円(当日6000円)税込から大幅ダウン!!お得です

完全下火なんやろか?
今キていない焼酎でどのくらいの集客があるもんなのか興味ある。
焼酎なんて度数高いから飲み放題っつってもそんなに飲めるもんじゃないよな。
しかしアレですな、去年同じく蒸留酒のラムフェスが渋谷であったんだけどこれは超面白かった。
もちろんそんなに飲めないんだけどそれなのに馬鹿みたいに飲んで意識飛んで知らないところに突っ立っててスマホぶっ壊れたんよな。あれは楽しかったな。やっぱフェスは馬鹿っぽさがあってなんぼよなw
大箱イベントっつったら椿山荘であった大分の食と酒のやつも超面白かった。
場所が場所だけに結構身なりの良さげな人達が多いんだけど、高そうな食べ物のところには群がってるのよな。にんげんっていいな!




◆缶酎ハイ、個性派続々=若者狙い「ぜいたく」「旅気分」:時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032300798

350ミリリットル入りが184円と通常品より30円程度高いが、手軽にぜいたくな気分を味わえるとアピールしている。

そんな差額で贅沢感って出るもんなのか?いや、出るって言ってるから出るんだろうな。
酒税法改正で第三派が流れ込むって予測は興味深いね。
ビールっぽいから飲んでたわけじゃなくて安いから飲んでたって層が多いという判断なんだよな?




【メモ:旅行、観光、地域系】
◆銀座にある「1冊しか売らない」書店 : 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/life/book/news/20170322-OYT8T50111.html
えっ、一冊!?と思ったら一種類でした。
ともあれ思い切ったことですけども、この本屋の周辺は銀座とはいえかなり渋い感じなのでオススメでございます。




◆【首都高でマラソン&サイクリング】墨田区観光協会理事・久米信行氏に聞く「首都高マラソン構想とは?」 ~ 日刊建設工業新聞ブログ
http://nikkankensetsukogyo2.blogspot.com/2017/03/blog-post_40.html
首都高・都市高って、高低差やカーブ多いから確かに道としての面白さすごい有りそうなんよな。
すごく面白そうではあるけど、有料道路ってイベント利用できるもんなのか。




20日間で200万回再生された山陰PR動画が美しすぎて海外から絶賛|IRORIO_JP
https://irorio.jp/takumiurushidate/20170323/392594/
最近の地域紹介動画はストレートに魅力を出していくスタイルのが増えたね。
それはそれで良いんだけど、正直言ってしまうと肉眼よりも動画の方が鮮やかなのでそこの落差にガッカリする人もそこそこ居るんよな。
美術館とか行ってもたまにあるんだけどな、パンフレットのほうが良かったみたいな現象。
画像・映像技術ってびっくりするくらい進化してるから、視覚情報だけに委ねるとそういうことになったりするんで、もうちょっとそれ以外の情報も加えたほうが良いんじゃないかって思ってるマンでございます。特に物語性があると良いんじゃないかって。