あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々の記録ブログです

三千盛 特醸:上等なフツーの酒


岐阜県は多治見市の株式会社三千盛が造る日本酒ですな。
これはこの前の旅行で買ってきた一本。


徳利で売ってる酒ってそんなに珍しくはないのだけどね。

栓抜き必要の蓋を採用した徳利を初めて見たとかそういう理由で購入したわけです。


味。
なんか上品な普通酒本醸造だな…と思った。

そんで裏見たら結構削っておるのね。


ベクトルは本醸造とか普通酒のそれ。
香りや味わいに振った感じじゃなくて、日常酒としてのそれ。
普通酒みたくアルコールの立つ感じではなく、香りは抑え目、味自体も控え目な感じ。
こういうの端麗って言うのだろうか?
基本的には食事の引き立て役な酒っぽいけど、ちょびっと上品部分が主張するっつーか。
だからちょっと上等な日常酒とでも言うかね。
これ自体はそんなに俺の好みではないけど、こればっかり飲むって人が居てもおかしくない。


形状的にお土産にもなりやすいし、飲んだあとも徳利として使いやすい。
蓋は栓抜き無いとダメだから、できりゃスクリューキャップとかそんなんにして欲しいけど。
出来りゃ各蔵がこういうのやってくれるといいよね。
開けて即燗にできるって結構便利。