あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

池月 純米酒:いまんとこ特徴が見えてこない


石川県は鳥屋酒造の造る純米酒ですな。
ラベルは酷似しているが、島根の誉池月(池月酒造)とは別。


これは魚津の酒屋でオススメしてたので買ってみたやつ。



裏ラベルはこちら

香りのあるタイプの酒ではなくて、完全に食中酒だね。


開栓してすぐだからかもしれないけど、ヒヤで飲むと味わいが薄い。
味の特徴的には辛さが前面に立って、その裏に酸味と渋みがあるって感じ。
なんだろ?不味くはないのだけど、うまみが足りない。
燗・燗冷ましするとちょっと飲みごたえは出てくるけど、やはりちょっと物足りない。


しかし、元々こういう薄い酒って感じでもないような?初飲みだけど。
年度ごとのブレの範囲なのかなーとは思わんでもない。
ようするに23BYがこの程度の味しか出なかった。みたいな。
推測で言ってるだけだから真実は分からんけど。


放置上等系なんだろうか?だとしたら評価するには尚早だったかもしれん。
とりあえず、しばし放置して変化については追記する。




【追記】
http://d.hatena.ne.jp/congiro/20120123/1327317725
ここにあるように、再考するかもしれない。



【2012.04.24追記】
半年の放置でずいぶん味に変化が出た。
軽めの酸味と薄い心地よい苦味が出てきた感じ。
けっこう良いんじゃないかな?燗した方が味は好みになるけど、アルコール感を強く感じる。
この辺は好みかね〜。
この手の変化は俺は大歓迎だけど、池月愛好者は望んでないような気がせんでもない。
また追記する予定〜。