あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

ニュー太洋潮:分かりづらいながらも惹き込まれてしまう魅力がある地元民と好事家のための一本

f:id:congiro:20200308141941j:plain

佐賀県は伊万里市の樋渡酒造が造る酒でございます。
税法上日本酒扱いではないのだけど、この蔵は去年の日本酒フェアで見かけて、なぜか日本酒扱いではないこの酒だけの持参だったので(他の銘柄は全て日本酒)、主に俺だけの度肝を抜いたことは記憶に新しい。

 

取り寄せてちょいちょい飲んでいるがなかなかに難しく、そして面白い酒である。

f:id:congiro:20200308142059j:plain

殿方はもちろんオンザロックで飲むのです!殿方なので!
これさ、不思議な酒で、あまりの珍妙さに惹かれたんだけど、実際買って飲んでみると美味いんだがなんだか分からないし、なんならちょっと持て余すし、かと言ってピーキーでじゃじゃ馬というわけでもないし、よく分からん酒なんだけど、裏ラベルにあるようにオンザロックで飲んだら一般性無しながらなんだか妙な美味さがある。甘めの食い物あるとメチャハマる。ハマリング。
とはいっても気鋭の飲食店でペアリング目的で出される酒とも全く違う。
というか、こういう酒が地元以外の飲食で出てきたら奇跡かもしれない。
オールドスクール系なんだけど、今やこういうのは珍しいのだ。
これは面白枠として俺内で延々と語り継がれるな。あと数本は買いたい。

 

写真では分かりづらいけど、酒の色はかなり緑っぽい。

f:id:congiro:20200308142021j:plain

ロックでものすごく輝く。
だが、その輝きはあまりにも懐かしく猥雑な光。
  

この秘め事の多さにも注目していただきたい。

f:id:congiro:20200308142114j:plain

何らか部門の傑作と思うよ。
何らか部門。 

 

いまだこういう酒に出会えるから、日本酒は面白いのである。雑酒だけど。