あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々の記録ブログです

夏休み18きっぷ旅行(前編):東京⇒長野⇒富山


いつもの友人と、18きっぷで旅行してきた記だぞ。


旅行前日の天候状況は最悪。
行き先は超豪雨で電車運休など、不安含み。
中野始発の中央線に乗ってスタート。



ちなみに、今回の目的はこんな感じ。

  • 塩尻の日本一狭い駅そばで蕎麦を食べる
  • 南小谷で蕎麦とてんぷらを食べる
  • 生地で岩牡蠣を食べる&鯖リンゴ缶を買う
  • 富山でモツうどん食べる&たこ焼き食べる
  • (飛騨)高山で朝市に行く&地元スーパーに行く

なので、電車ルートは以下。
中央線(中央本線)⇒大糸線北陸本線高山線⇒中央線(中央本線
googleマップつけとくぞ。

大きな地図で見る
AとGが重なってるけど、スタートとゴールと思ってくれ。


今回は大糸線に乗りたいという友人の希望で、塩尻に向かったのだが、途中で運行情報を確認するも、どうやら運休の流れ。
ギリギリまで粘って調べてたけどどうやら無理みたい。
そうすると、別の方法としては長野ルートになるんだけど、時間調整がかなり変更になってくるのよね。
ていうか、元々長野経由ルートでの下調べはしてなかったので、時間の使い方に難航。



で、塩尻に着いた!
目的のひとつ『狭い駅蕎麦でそば食う』だが、大糸線ルートだと30分近く猶予があったんだけど、長野ルートだと7分しかない!
見てよこの入り口の狭さ!

蕎麦注文し、一旦店を出て、改札の駅員さんに大糸線の状況確認してもらうと「時間かかるから待ってて」とのこと。


コンパクトな食券販売機が奥にある。

狭すぎて2人しか入れない。


「蕎麦食ったらまたきます」と蕎麦食う。

2分で食う!熱ちぃ!味分からん!
んで、駅員さんに聞くと「やっぱダメ」とのこと。
長野ルート確定!残り時間1〜2分!
が、しかし、電車遅れてきやがったよ。ハハハ!ファック!
まぁいいや。味わうことじゃなくて、シチュエーション目的だったから。滞在2分だけど。



んで、長野到着。
ここでは結構な時間の猶予がある。
南小谷で蕎麦が食えなかったので、蕎麦食おうと思ったのだけど、下調べもしてないしな。
友人と一旦解散して別行動。

俺は早速酒屋探しするも見つからず。駅近くの東急でカップ酒購入。
あとは適当に見つけた店でおやき購入。*1

んで、再び友人と合流し、直江津行きの電車に乗る。


昼飯の様子。

うーん、このカップ酒はあんまり…。




直江津着。

しばし時間を持て余すも、何もすることなし。



ここから北陸本線で生地へ向かう。
んで、生地到着。

『駅』を『獄』に変えたら面白そうだな。


『魚の駅』っていう道の駅っぽい地域の物産販売所へ。

目的の鯖のアップルソース煮は売り切れ!オーノー!


でも岩牡蠣はあった!うまい!

ここで買ったカップ酒はにごりの甘いのだけど、岩牡蠣のうまみが増幅されて良かった。



さて、また生地駅に戻って、今度は富山へ。

本当は高山で宿泊の予定だったんだけど、「たまにはゆっくりしてみよう」と友人の提案で富山宿泊に変更。ホテルもすぐ取れた。
そうそう、俺の旅行は基本的に前もって宿を取らないのだ。すぐ予定変更しちゃうからな。
ま、その結果はロクな宿が無いってケースもままあるんだけど、そこは自由優先です。



んで、友人と解散して俺は寺島酒店に到着。

寺島さんは配達中なので奥さんとご歓談。
寺島さん戻る。
しかし、本日は夜に会合があるらしく、あんまり時間が無いとのこと。
なので、配達についていく形で車内でお話など。
寺島さんが9月に東京で講演するらしいので、そのことをちょっと聞きたかったのと、気になる商品の話など。
んで、また店に戻るのだが、寺島さんはまた配達に行った。
俺も時間無かったので、商品を選んで東京に送ってもらうことにして、お店の好意で娘さんに駅前まで送ってもらった。ありがたし…。
時間はそう長くなかったけど、面白い話が聞けて良かったす。



んで、富山駅に戻って友人と駅近くのデパートで買い物をチャッチャと済まし。
そして、乗ってみたかった富山地鉄へ!

初乗りで200円と、東京感覚だと糞高いんだけど、いやーこれはいい。
美術館とか博物館に行ったと思ったらぜんぜん安い。
鉄のはしくれの俺らにはちょっとこれはたまらんですよ。

このシートの色とシートカバーの波々がなんというかもうキャッチーなアレですよ。
たまりません。


で、隣の駅(稲荷町)で降りる。
ムギャー!これは!これはすばらしい!すばらしすぎる。

稲荷町駅の『荷』がひとつ外れてるんだけど、何かご愛嬌みたいな。
いまどき木の板のホームなんかなかなか無いんじゃないかな?
電車もとにかくかっこいいし、ロマンだらけだな〜!この駅は。
と、しばし堪能。



んで、駅を後にして、目の前のスーパーで明日朝の食料を調達。

このスーパー(アピア)に入っている酒屋もかなりおススメ。
地のものが多く、かつかなりマニアックな熟成酒を多く置いている。


アピア脱出。
そろそろ夕飯ねってことで、最近振られっぱなしのいたち川沿いのたこ焼き屋に向かう。


開いてた!やった!

しかしここのたこ焼きはいいよな。

ロケーションも最高だし、何よりうまい。マジうまい。

たこ焼き屋の向かいに見えるのは延命地蔵尊。
お地蔵さん横には地下水出てくるとこがあって、昼夜問わず水を汲みに来る人が多い。
車が停まってるけど、尋常じゃない数のペットボトルを持ってきてた。
ちなみに、ここのたこ焼きもその水使ってるんだって。
店長に名刺もらってたこ焼き屋をあとに。


ここはたこ焼きや近くにある新世界という歓楽街。
街というか、スナックとかバーとか小料理屋の連なる小さな通りですな。

周りは完全な住宅街なんだけど、ここだけ突如こういう一角になっている。
こういうところにフラッと入れる大人になりたいっすな〜。俺はまだオコチャマだよ。


そこからしばし歩いて商店街へ。

健全な富山は19時にもなると人が居ません。


路面電車に乗って


モツうどんの糸庄へ。

うまい!特別良い材料とか使ってないんだけど、やっぱり大好き。うまい。


食い終わったら運動ということで、駅前のホテルまで歩く。
その途中にある、友人曰くところのとてもショボい富山城。

俺はあんまり城に興味が無いので、どれだけショボいかはよく分からない。


ホテルに到着。
友人とは別の部屋なので解散して、俺は寺島さんに教えてもらったブラックラーメンと日本酒の店に行ったんだけど、今日に限って客が殺到したらしく、材料切れにて閉店だと。

ちょいと店長さんと喋ったあと、不完全燃焼気味に街を散策。
酒屋で酒とビール買って飲んで寝た。



一日目終わり。

*1:ここの店員はかわいいです