あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

お酒屋さんのお酒 :鬼の安さから繰り出されるいたって普通の味


秋田県は大仙市の八重壽銘醸が造る日本酒ですな。
これ定価は知らんけど、一般的には1800mlで698円という鬼安な酒でございます。
最近はこういう酒見るととりあえず買って試したくなるのですよ。


ラベル下

なんも書いてないから普通酒なんかな?


味。
うん。
特別に良いということはない。
だがしかし、別に悪いということもない。
だがしかしだがしかし、これ698円ですよ!
糞みたいな居酒屋で飲む『日本酒』しか書いてない酒と較べるとどうか?ですが、そう考えると相当よく出来てます。
絶対値で見ればそこまで素晴らしい酒ではないんだけど、値段で見れば超頑張ってる味だと思う。
正直言って、糞居酒屋の糞酒は全部これに替えてしまっても良いんじゃないか?と思うレベル。


いわゆる普通酒のもつ薄ぼったりとした苦甘さと燗すると出てくる妙なアルコール臭、たぶん普通酒不味いって言ってる人の多くはこれがダメなんじゃないか?という部分はちょっとある。でもちょっとだけ。
60度まで上げてから冷ますと好ましくないニオイも抜けてちょうど良い感じになるよ。
で、ちゃんと酸味もあるし、味わい部分もそれなりにだけどある。
日常的視点だと、これは安い本格焼酎のライバルに十分なり得るんじゃないかな?


えーっとね、菊正宗の生もとあるじゃん?
あれから生もと部分を抜き去ったような味に近いような?(覚えてない)だから結構まともよ。
うまいうまい言って飲むモンじゃないけど、日常レベルではこれで満足できる人は結構居ると思う。
こだわりが特に無い人には超オススメだと思う。何と言っても安いし。


これはちょっとね、俺、ヒネさせたいと思ったから複数本買ってきたのよ。
マニア視点で見ればだけど、これは恐らくヒネて伸びる味だと思うのですよ。(あえて『熟成』とは言いません!)
ちなみに、俺は古酒を5〜10%混ぜて燗して飲んだりもするよ。
こうすると変化が出てなかなか面白かったりする。


八重壽銘醸って確か去年も他の酒についてレビューしたけど、DSでよく見かけるわけですよ。
で、軒並み安売りされててですね、俺の知っている限りでは定価売りされて無いイメージ。
そして、とっつき易いモブっぽい脇役タイプの佳作だけを淡々と造ってるイメージかな。
この蔵には今んところ悪い印象は無いですな。
なんかこう変な言い方だけど、定価じゃないことで輝く酒ってのも良いんじゃないかと思うんだよね。