あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

仁勇 白麹仕込み 純米酒:最近言われている「酸味」とは違う酸味


千葉県の鍋店株式会社が造る日本酒ですな。
これは、去年の飲み会で半分以上余っていたので貰ってきたやつだね。
値段は確か2100円くらいじゃないかな。


ラベルに『白麹』って書いてあって、それがウリの酒なんでしょうな。

んで、味だけどね。
甘めで特有の酸味そこそこがある。
ベースは日本酒でありながら、アイスワインと普通のワインの中間的な何か*1を思わせるけど、
渋味があるわけではなく、あくまで日本酒。


で、白麹だからどうなんだ?って事に関してだけど、
焼酎で白麹と黒麹をよく飲む人には何となくわかるかもしれない。
黒麹はなんかザラッとしてて、白麹はなんかサラッとしている。(気がする)
酸味も黒麹特有の『酸〜!』な感じとは違って、割りに軽めの酸味だと思う。


珍しさほどのインパクトはないんだけど、単純に面白いなーと思ったよ。
ベースが軽めなので、重いのが苦手な人には結構合うかも。
たまにこういうの飲むと面白いねー。

*1:アイスワインと普通のワインを足して3か4で割って〜、みたいな?