あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

杜の蔵 杜氏の詩 特別純米酒:ひやおろしではないのだけれど


福岡県の杜の蔵が造ってる酒ですな。
杜の蔵は俺が好んで飲んでる『独楽蔵』があるけど、これはお初。
ちなみにこれは先日の清澄庭園での戦利品で、袋捨てちゃってるからBYとかわからん。



ヒヤで飲むと好みが分かれそうな独特の酸味とエグめの苦味があるね。
俺はOKだったが、ワイフはNGだと。
どうみても燗だと言わんばかりの味だったので、ガツンと燗したらジャスト!てな感じ。
燗したら、俺もワイフもおいしいねぇ、と。
しかし、若干だけど酸の質が独特なんで、好みは分かれそうだな。


んで、これ飲んでて思ったわけよ。
これってひやおろしではないんだけど、ひやおろしっぽいっていうか。
散々ひやおろしをDisったんで、これもDisってるのかというとそういうわけではなくてな。
この酒の熟され方と苦みとエグみがそれっぽいって言うのかな。
本来、製品として出すならこういう解釈で多くの蔵がやってくれたらなと思わせるような。
ひやおろしではないですけど!


でさ、公式見たらこの商品は8月で終売なんだとさ。
終売品を語ってどうすんだと思ったけど、書いた後に知ったからどうしようもないな。