あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

金曜飲み記++++


なんと!あのcongiroさんが!というか、あのcongiroさんなのに麻布で飲んでしまいました!
シチーボーイ!シチーボーイ!(壮年)



【メモ:酒系】
ガンダムシャア専用ザクの頭部が”酒器”に変形。大河原邦男と400年の富山・高岡鋳物がコラボした「錫製ぐいのみ」登場!
http://p-bandai.jp/item/item-1000101510/
「思いつくものは何でも出すぜ!出しゃ買う人いるでしょ?」みたいなスタイルのガンダムグッズは清々しい糞っぷりで好感度高いです。
ジオラマコンテストとか出すようなガチのガンダムマニアに聞いたけど、「買わねーよ!」ってさw
ちなみにcongiroさんの好きなガンダムはVです。よろしくお願いします。



◆島国ニッポンの未来:日本一夕日がきれいな小学校が、酒蔵に生まれ変わった | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/matome/15/326116/121000040/
福岡でも売ってるの見たな。
これなんかアレよね、興味がない人に売れる商品のひとつよね。
美味かったらなおイイっすな。



◆「I LOVE SAKE 日本酒マニアック博」梅田ロフトにて開催 | +LUMINO.jp
http://www.plus-lumino.jp/event/seminar/i-love-sake-loft.html
◆日本酒を“マニアックな視点”で捉えたイベントが開催決定!
http://www.qetic.jp/food-gourmet/ilovesake-151222/169401/
ゼロ層にとってはマニアックなのはもはや従来側なのに、このように門戸を広げる側があえて(あえてなのかどうかは知らんけど)マニアックと称したこのイベントをcongiroさんは褒め讃えたいのであります。これは、マイナスとマイナスを掛けたことでプラスになっている好例かと。


『マニア/マニアック』ってわりかし人を近づけない意味合いを持ってたりすんじゃん?でもこの場合は、『マニア/マニアック』の敷居を下げつつ好奇心をくすぐるやり方なんで、とても良いんじゃないかなと思うんよね。行ってないから内情しらんけど。入場料に試飲チケット付いてるか、入場料無料にしてガンガングッズ売るスタイルでも良さそうな気もするけど、それに関しては行ったわけでもないし当事者でもないからなんとも言えず。


「マニアは嫌いだ」とクラスタ感ではたまに聞かれますけどもね。
『マニア/マニアック』という言葉を忌避する業界におかれましては、こういう使い方もあるのだぞ!と、人の褌を存分にお借りして申し上げたい所存。


日本酒マニアからは以上です。



◆【自宅でも簡単につくれる】日本酒を寝かせた「古酒」の魅力 | しらべぇ
http://sirabee.com/2015/12/23/69711/
それ考えると、全然流行りの兆しも見えない古酒は、もうちょっとアピールの手法を変えたほうが良いと思うわけです。ていうか、congiroさん何千億回も言ってますけど、『古酒』っていうのは状態を表しているに過ぎないから、もうぜんぜん違うネーミングが必要と思うわけですよ。泡盛の古酒とカブるしさ。
congiroさんは以前から『デス酒』とか呼んでおりますが、たぶんソッチのほうがウケると思うんよ。
時事ネタだけど、今なら「デスの極みを飲め」とかイベントやったら一部でウケるかもしれん。



【ご連絡】
酒米萌化、京都と滋賀をチョイ編集。