あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々の記録ブログです

帰省旅行!(一日目):高松、尾道、広島、岩国


仕事終わった!羽田や羽田!
そうです。みんなの歌姫congiroさん、高松にいます。え?また高松ですか?って。
ザッツライト!そうなんです。
皆さんには黙っていましたが、マイルが塩吹くほど溜まっておりまして。
無料航空券を高松発の往復でヤったんですよ。
本当は大阪、広島、岡山あたりが都合良かったんですけども、往復で俺の都合の良い時に空きがあったのが高松だけなんス。だから前の四連休旅行とか一旦広島まで行ってるのに高松に戻るとかよく分からんルートになっておりましてね。
まぁ高松好きなんでええんすけど。


というわけでシコーキで高松についてチェックインして22時くらいでこざいます。
最近の寝不足解消するために早く寝ないとイケません。明日も5:00おっきですしおすし。


しかしアレですね、ホテルが繁華街ですね。
あれ?あれれ〜?

骨付鳥が目の前にあるよ〜?不思議だねぇ。ビールもあるや!
ほんとレッツトライトライトライ摩訶不思議!
ホテルに戻って、フロってウシジマくんとコンデコマ読んでたら2時過ぎてました!テヘッ♡



アサーッ!
まずはせっかくの高松なんでやっぱウドンヌ行くしかないわけで。
お初となるうどんバカ一代に行きましょう。
釜バターが美味しいらしいのでそれを。

うっ…これはマジでウマい!
久々の大当たりじゃないか?これは。
いや、近年、讃岐うどんが研究解析されまくってですね、東京・地方都市各地とか冷凍食品とかで美味しいのを普通に見かけるわけですよ。単純に味だけではアドバンテージが得られにくい時代にどんどんなっとるわけですよ。もうこれは『美味しい』が一般認知されたものの宿命でございます。今はまだ値段とロケーションでどうにかなってはいるけども。
そんななか、この釜バターマジうまい!すげー美味い!また来よう。
6時の時点でかなり客が居たからたぶん人気店なんだろうな。
どうでもいいけど(良かぁないが)、香川県はうどん推しばっかじゃなくて新たな観光商材を考えないとキツイんじゃないでしょうかね。


ともかく幸先の良いスタート!
6:45の電車に乗って香川を脱出して広島は尾道へ行きますよ。



おのみち!
まずはおみやげを買って、と。

そして向島までの渡し船に乗ります。
うむ、しかし、船はいい。船は。


2分程度で向島到着。
さてさて、目的地までのんびり行きましょう。

おや?美味しそうなパン屋がありますね。買いますか。
そしてちょい進んで今回の目的地、後藤飲料水工業所。
メロンパンとアンパンと揚げパン&ジュースでオーバーカロリーチャージ!
糖分と脂質と炭水化物!成人に必要な3大栄養素完全摂取!


ほんでまたフェリって尾道に戻りますか。

酒造もあるそうなのでちと覗いてみましょう。
ふむふむ。
そんくらいで尾道脱出。



そして次の目的地は広島!広島の基町!

説明はこちら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%82%E5%96%B6%E5%9F%BA%E7%94%BA%E9%AB%98%E5%B1%A4%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88


俺はそこの高層団地群とショッピングセンターが見たかったわけです。

近年は集合団地ってのはあまり人気がないというか、若い人が住みたがらないので高齢化が問題となっておるところが結構ございましてね。
この基町も御多分にもれずそんな感じでございます。
ショッピングセンターと言っても古い常連しか居ないような食事処だけが現存していると言った感じでした。


そのあとは広島ではかならず行くそらやへ。

ここで先日の友人が合流。
基町の話をしてたら、「じゃあ今度そこで飲もうよ!」とのことに。ええですね!
そらやはとにかく素晴らしいです。
店長と話そうと思ってオープンの14時に行ったんですけど、時期的なものもあって即満員でした。
店長いわく「暇な時に来てよ」
俺「いつよ」



1時間ちょい飲んだあとは、またも電車で移動。
岩国から岩徳線に乗り換えて柱野駅へ。

そして村重酒造へ行きますよ。

車が沢山停まっているのはここで仕込み水が無料で持って帰れるからでございます。
朝昼晩限らずひっきりなしに水汲み客がおります。


そんで村重酒造さんで宴でございます。

今回お客さんがたくさん居たので大所帯でした。
そんな中招いてもらってありがたい限りでございます。
そして皆さんお元なようで何よりです。
やはりまたもベロベロになりましたw