あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々の記録ブログです

大七 からくち 生もと 本醸造:オッサン酒としては佳酒かもしれん


福島県二本松市大七酒造が造る日本酒ですな。
これは目にすることが多い酒だから(生もと純米のほうが有名なのかな?)、知ってる人多いかも知れんな。
そして俺は初の大七


ラベル裏

ファーストインプレッションはえらく舌先にピリピリ&ノドにヒリヒリすんな〜って感じだった。
日を置くとちょっと変化したけど、それでもこれは特徴があると言うか。


俺、以前も言ったかもだけど、辛口の定義をよく理解してないのよね。
で、このピリピリ・ヒリヒリ感が辛口と言うことならば、これはかなりの辛口なんだろう。
焼酎をストレートで飲んでる時のそれとちょっと似ている。
「からくち」とあってもヒリヒリしない日本酒がある一方、これはかなりキますな。


えーっと、味はだな、ピリピリヒリヒリで生もと生もとって感じだ。
味わいを特徴付けてるののメインが生もと分というかな。
アルコール添加している分、やっぱ味が細くなってはいるのだけど、確実にこっち側が好きな人も居るよね。
なんかそんな感じのかなーりオッサンな酒ですな。
所謂日本酒が嫌いな人の特徴の一つがこの渋めの生もと感にちょっと表れてる気がせんでもない。
俺は気にならんけども。


うん、「日常的にメシ食いながらカポカポ飲んでくださいよ」ってな感じの酒で、そこまで味わいに振った酒って印象ではないな。
常温で飲むとちと渋めなので、温めた方が合うね。


うーん、これは純米だったらもっと味乗ってそうだから好きだったかもしれんな。
この蔵はたぶん太い酒の方が本領なのかもしれん。
でもなんつーか、嫌いになるような特徴も無いので、叩き売りされてたらまた買うかも。