あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

日本酒ってそんなに美味しくないよ

ちびっとセンセーショナルなタイトルにしておるけど、別に重い内容ではないよ。



日本酒ってどう飲んでる状態が一番健全なんだろ?とか、たまにどーでもいい事思ったりするんだけど、やっぱアレね、気に入ったヤツだけを淡々と飲み続けるってのが一番イイのよね。
ま、それは俺の解釈下で「健全」って意味だけどね。


俺みたいなうんこマニアや酒の愛好家やファンときたら、だいたい色んな銘柄に手を出すわけさ。
でもさ、結構な割合でハズレと出会う、出会っていると思う。たぶんな、たぶん。
好き嫌いという意味ではなくて、単純な出来不出来的に。
しかし、酒をそこそこ経験を元に買ってる人って、やはりそれなりの予想・予測は付けて買ってたりしてると思うんだけど、それでも結構ハズしていると思う。
俺は割となんでも買うから、ハズす率は更に高かったりする。


でね、ハズレをさ連続で飲んでたりすると、「日本酒って本当にウマいんやろか?」って、思考がよぎるわけですよ。


経験者(?)でこんだけハズすのに、ましてや初めて飲みまーす!って人達が、出来が良くてなおかつ好みの酒に出会える確率はどんだけのもんなんだろうか?


なんか、そういうこと考えてるとさ、日本酒ってそんなに美味いもんなんかね?って、たまに疑問持ったりするのよね。
日頃、「日本酒最高!」って言ってても響かない要因の一つになってはいないだろうか?って。


難しいし、手軽さはないし。
そういうものを「いいものですよ!」って。どうやって伝えていきましょう?


発信者の方々は、そんな事思ったらどうしてんだろ?


自分で金払ってて失敗に寛容に人って、そんなに居るもんだろうかねー?


ま、その辺は「嗜好品だからね」の一言で片付けられるのではあるけどもね。
そういう意味じゃ、同じ嗜好品であるタバコの方が手軽ですわな。


と、別に何の結論も無く、たまーに思ったりすることを書いてみました。
以上。