あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

あまり飲んでいない焼酎の一軍昇格テスト:第二ブロック二回戦


昨日の一回戦(ロック部門)では判断がつかなかった第二ブロック群だけど、
今回の二回戦でどうなるか?今回は湯割での勝負!



【第二ブロック一回戦:湯割りで飲む】
日南娘⇒いかにも宮崎の焼酎という感じの飲み易さではあるが、インパクトに欠けるか。
南之方⇒穏やかな甘みと苦みでうまいと思うが、これで当落線上に乗ったかな?くらい。
鄙の蔵人⇒おお、これは素直にうまい!甘さが良い感じだ。これは決定か!
田倉⇒プチガツン。うまいとは思うけど、これなら他のでも良いかも知れない。ワイフは苦手って。
月の中⇒ん〜、ここに来てもフツー。ワイフは好きだといっているが。



結果!
1軍昇格は『鄙の蔵人』のみ!


今回は正直、どれも大きな差は出なかった。
というか、単純に俺が好きな湯割りだけで勝負が決まってしまった。
1軍に昇格できなかった4本も不味いということは無い。
というか外で飲めば全部美味いって言いそう。


ただ、家飲みだとこんなに本数有っても全然減らないっつーのが事実。
だから断腸の思いで、4本には旅立っていただこうと思う。


ちなみに今回のこの5本。
比較的簡単に手に入れられるのは、突破した鄙の蔵人だけだったりする。
日南娘・田倉・月の中はプチプレミアだし、南之方は地元流通がメインなので。
鄙はクイーンズ伊勢丹とかちょっとよさげなスーパーでたまに見る。