あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

福正宗 黒麹仕込 純米樽酒超辛:特定の選手とマッチングするレシーバー


石川県は福光屋の福正宗 黒麹仕込 純米樽酒超辛でございます。
これは黒麹純米超辛の杉樽貯蔵版ですな。


福光屋は我がブログではよく出てくるので、
また福光屋?あんたも好きねぇ!って、そうだよ俺は福光屋大好きだよ!


これも福光屋クオリティのお安い値段。
四合瓶で900円、一升瓶で1800円。
素性だけだとなんだかよく分からない酒だけど、これだけ安いと手に取りやすい。



気になる味だけど、これはなんつうかな。
黒麹特有のクエン酸的酸味+杉樽風味。
もともとそんなに味の強い酒ではないけど、薄味で淡白な食い物だとあまり合わない。
だがな、ドライカレーとかとあわせるとこいつがうめーんだよ。


味の濃い酒ってワケでも存在感の強い酒ってワケでもないけど、主張はちゃんとある酒なので、
食い物もやはりそういうのが合うように思う。
カレーライスじゃなくてドライカレーみたいなのね。


正直言えば、ドライカレーと合わせるまでは「どうなんだろ?」って感じだったけど、
食い物の種類によっては輝くので、食い物に左右される味っていう表現が適当かなと。
熟成酒とかだと「ワイは熟成酒や!食い物はワイに合わせろや!」みたいな感じだけど、
こいつの場合は「私、黒樽。アクのちょっと強いあなたに合わせるわ!」みたいな。
食べ物ありきのレシーバー的。
なんというかそんな感じ。


【2011/10/22追記】
ゆるめの燗にして手作り餃子(店のほどニンニクが効いてないおかず餃子)に合わせてみた。
そしたらこれがうめーのよ。
やや強めの味の食い物と、気持ち温めたこいつは素晴らしいマッチングですよ。
これはいいですぜ。