あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々の記録ブログです

【暦上の】春到来!北陸ツアートラベル旅行記2016(5日目):富山→岐阜→名古屋


おはよう魚津モーニング!
残念ながら最終日。
写真は魚津の貝田新円筒分水。



というわけで、本日はちょっと遅めの6:30起床で参ります。

道中にあった酒屋。
富山は銀盤を掲げてることが多い。


ほんで、昨日も来た生地の稼働橋あたりで鱒寿司モーニング。

植万のモバイル鱒寿しはもっと評価されていい。


生地のようすをどんぞ。

これは海底地下道。
地下横断歩道で海の中にあるのって、関門海峡にある超立派なやつ除いたらここにしか無いのではなかろうか?他誰か知ってたら教えて下さいませ。


今日は日曜だし、もう早朝じゃないから船通らなそうだな。

結局、可動橋が稼働しているのは見れず。


そして昨日、「用意しとくのでまた来て」と言われた皇国晴酒造に行ったら「やっぱダメです」って。

「ダメです」じゃねぇだろ!
じゃあ、最初から電話番号でも聞いて掛けろや。わざわざここまで来させんな!
好きな蔵でこういう対応をされると結構萎える。マジ勘弁してくれ。


3セクになってから初の生地駅へ。

当たり前だけどJRの要素は排除されておりました。


ちょっと移動して入善町のとある施設へ。
黒部川扇状地 湧水公苑

富山県まちづくりモデル事業』で作ったとされる施設であるけど、正直ゴミです。
住宅街に作るなら公園としての機能あると思うけど、周りに居住地があるわけでもない県道沿いにポーンとあるもんだから、全く機能しておりません。そしてセンサーで動く噴水は24時間稼働という無駄っぷり。明るい時間ですら使ってる人見ないのに、暗い時間に動かす理由はあるのか。
ていうか、常に動いてるなら水圧噴水にでもすればいいのになんでメンテがさらにめんどい方式にするのか。まぁでも、どこぞの神殿を模したような作りはシュールな笑いが取れるので面白いですが。


ここまであんま良いこと書いてないけど、俺富山好きだからな?
過去エントリ見りゃわかると思うけど。



ほんで魚津側に戻って貝田新円筒分水槽へ。

見栄えこそすぐ近くの東山円筒分水に負けるけど、無骨さと勢いがなかなかいい。
春から夏にかけてもっと水量が増すだろうからまた見に来たいところ。
ちなみに、これを見たかったってのもあるけど、立山連峰を見たいという友人のためここまで来たが、残念ながら雨が強く霧ってたので見れんかった。


ま、こんな感じで低調な滑り出しですが、こんな日もありましょう。
友人は立山連峰がいたく気に入ったらしく、またいつか富山に来るんじゃないでしょうかね。



ではそろそろ帰路っつーことで高速乗って名古屋方面へ。
飛騨白川PA

白川郷が見えそうでいて見えない位置にあるPA。
天気悪くてモヤってたのが逆に良かったケースでございます。



そして昼時くらいに岐阜入り。


メツゲライ・トキワ

結構有名な店らしい。
サラミとアイスバイン買った。



岐阜市内に入って長良川沿いを走る。

そろそろ昼飯食わねばな。
友人がこの付近で評判のラーメン食べるということで行くもまさかの休み。
そして保険としてあったもう1つの蕎麦屋もまさかの休みw
持っとるな〜、さすがの休暇力やで!


てなわけで、もうどこでもいいやと目に入った店へ。

結構美味かった。トンカツ食いたかったんで良かったよ。
ムッチャ量多かったんで途中で飽きてしまったが。


それから岐阜駅近くの赤鰐へ。

冬でもかき氷食える甘味処でございます。
美味しゅうございました。


そしてその周辺。

JR岐阜駅・名鉄岐阜駅の付近なんだけど、この辺はとにかく渋いところが多い。
観光的な渋さではなくて、結構アレ系の渋さな。俺はどっちも好きだから問題ナシ。



そしてもうここからはノープラン。
酒屋とか酒蔵に行こう!って調べたけど、岐阜も名古屋もほとんど休み。
なんで、開いてる酒屋と閉まってても外観だけでいいやって蔵に行くことに。


岐阜市鏡島西の丸美屋酒店

むちゃオシャレです。


その周辺はこんな感じで、ミスマッチの妙がございますね。

もちろん、congiroさんはそういうの大好きですが。


道中。木曽川沿いのスカスカの道路を気分よく走ります。

これは馬飼頭首工(まがいとうしゅこう)っつー堰でございます。

とにかくこの川沿いの道は気分良く走れていいね。



そんでついに愛知県入り。


着いたのは津島市の長珍酒造。

残念ながら開いてません。


しかし、津島市本町付近は街並みがむっちゃ渋いよ。

これはこの辺りを散策するためにもう一度来たいくらい。


チョイ移動して義侠の蔵へ。

こっちも開いてません。しゃーないね。
まぁ、織り込み済みなんで問題ないのやで。



そんでそろそろ中心部へ。
リカーショップオオタケ

ここは日本酒も焼酎も品揃えがすごい。
日本酒は残念ながら俺らの方向性と違うホーリー寄りなんだけど、とにかく焼酎のラインナップが特筆なもんありますよ。他のセレクト系でもあんま見ない原酒が結構あってとても素晴らしいです。
焼酎をほぼ飲まない友人ですが、流石にここでは5本のご購入。俺はもう手持ち的に無理なんでやめといた。日和ったぜ!



そうこうしてるともう19:30過ぎました。
さっきの味噌カツで全然腹減ってないんだけど、折角なんで最後になんか食って〆ようぜってことに。


というわけで、十夢っていうラーメン屋へ。

なんか結構有名らしい。
超並ぶかと思ったけど、俺らの前は2グループしかいなかったので早めに入れた。
友人はトマトまぜラーメン、俺はペペロンラーメン3辛を注文。


これ、友人のトマトまぜラーメン。

と、ここで新幹線の時間を確認したんですけど、congiro氏完全にボーンヘッド
20:56だっけ?20:59だっけ?と、思ったら20:29発でした!


俺のペペロンラーメン3辛が出た時点で、20:00ジャストですよ!?
やべー!マジやべぇ!
だってここから名古屋まで15分かかるんよ?


そんで、注文時に
店「大丈夫ですか?3辛はほんとうに辛いですよ?」
俺「大丈夫です。へーきへーき!」
店「残さずちゃんと食べてくださいね〜!」
俺「(たかだかラーメンごとき、楽勝やろ)」
こんなやり取りあったんで、そもそも食わずに残すという解がございません。
そして、ペペロンラーメン3辛の写真撮って無いのはそんな時間がなかったからです!
ペペロンラーメン3辛の写真はこちらの方のブログをどうぞ
http://blogs.yahoo.co.jp/rxsbh099/32503426.html


で、これなんだけどね…ムッッッッッッッッッッッチャ辛かったです!
俺の今まで食べた辛いものランキングでも完全に上位!
蒙古タンメンの北極ラーメンとかここに比べたら子供だまし。アレは塩っぱいだけや!
でもここのはマ〜ジ〜で〜辛かった!


【俺ランキング】
◆舌へのダメージ
カーナピーナ(祐天寺)> 十夢 ≧ マジスパ(下北沢)>>>
◆胃へのダメージ
カーナピーナ(祐天寺)> 十夢 >> 大沢食堂(千石:閉店)>>>


それよりつらかったのは、これイタリア唐辛子を油で炒めてあるんですよ。
つまり、辛いだけじゃなくて尋常じゃなく熱いんです!マジあっちーのよ!
でもプライドにかけて残すわけにはいかねぇ!
「あっ、熱っ!辛っ!熱っ!辛っ!」で、味とかよう分からんかったw
大急ぎで涙流しながら5分で完食。
いや、ゆっくりだったら普通に食えたかもしれんけどさ、なんで早食い王選手権なんよw
口の皮はベロベロ。これは完全に火傷です。本当にありがとうございました。
食べ終わって友人に名古屋駅まで送ってもらったら到着が20:20過ぎておりました。
これは焦る!荷物沢山あるし。友人とは何の余韻もなく解散w
まぁ結局は4分位の猶予残して間に合ったんだけど、気が気じゃなかったぜ。
ぷらっとこだまだから時間変更もできんしな。


ダッシュしたからか新幹線内では暑かったんですが、いつまでたっても汗が引きません。
これはペペロンの呪いw 暑いじゃねぇ!熱い!胃が!


そして東京に到着して00:30くらいに我が家に到着。
あまりに胃が熱かったのでウィルキンソン飲みました…が、これがいけなかったもよう。
胃の中で撹拌されたのか粘膜やられたのか胃痛がひどい!2時過ぎから1時間ほど苦しみました。
これは祐天寺カーナピーナ以来の衝撃!死ぬ!これが…産みの苦しみ…!?
神様助けてください!イエス!生イエス!ギャー!くるしい!しぬ!
そして、1時間後に何故かスカッと胃痛は引きました。
ハァハァ、なんやったんや。マジでキツかったぜ…


カーナピーナで痛い目にあって「もう辛いものはやめよう!」って辛いものの卒業を誓ったはずなのに、またやってしまいました。たかがラーメンと思って完全に舐めてました。
十夢のスタッフの方、申し訳ございませんでした。


そんなcongiroさんの翌日ですが、まず朝のスモールからアツかったです。
剣道の道を極めしcongiroさんも、尿道の道は極められなかったもよう。
尿道焼けてます!』の看板掲げるレベル。いま、尿道がアツい!


そして、皆様ご期待のミスター・ビッグ方面につきましては、congiroさんのアーセナルが発火炎上にて試合終了。そんなわけで旅の余韻とか全くございません。



北陸ツアートラベル旅行記2016


〜fin〜




【後日談】
ところで友人ですが、今回の旅行で手に入れた日本酒は一升瓶だけで39本だそうです。
ミク(39)と掛けたんやなぁ…