あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々の記録ブログです

2015夏!3セク化後初めての18きっぷ富山ツアー!(3セクを使うとは言っていない):後編


富山5時台モーニング!
ここは富山駅前だけど、何が出来るんやろね?


というわけで始発の高山線にて、猪谷へ。
人もおらんし、クロスやし、これはモーニングセットですね。

なんと優雅な朝のひととき。


猪谷は接続で降りるだけだから何もないけど、とりあえず風景をどうぞ。

朝の空気は気持ち良いです。



そして次のやつに乗って飛騨古川へ。飛騨古川で降りるのは初めて。

早朝なのでほとんど人が居りませんね。次の列車来るまで45分あるんで散策しますよ。


飛騨古川の景色をどうぞ。
こういう古い町並みがあって、そして高山には無い水路があって、

酒蔵があって、

川があって、

超立派な寺(本光寺)があるのです。

飛騨古川はそこまで知名度はないものの、古い町並みを持った観光地としてはかなりの規模。
高山に似ているのは同じく金森氏によって造られたからとのこと。
しかし、高山ほど利便性高くないからなかなか行く機会無いよな〜。
現にJRの乗車数が高山の1/4くらいらしいし。
でも高山に似ているのにアクセスが良くないのだからこそ頑張って欲しいところもあるわけで。
まぁもちろん、経済的に回っているならば全く問題無いんだけど、俺が見た感じだと飛騨古川は『高山のコンパクト版』というよりは『高山の下位互換』という印象が強い。
ひとことで言ってしまえば「そこに行く理由に乏しい」ということになる。
もちろん、高山の存在がなければ比べられることも無いからそれで良いのかもしれんけど、似たようなものが近くにあったらまぁ比べられるわけで。
アクセスの悪い方が独自色の無い下位互換版だったら積極的に行く必要があるのだろうか?って思わんでもないわけですよ。


例えば…
これは生活してるからしょうがないのかもしれないけど、古い町並みにやたらと車が目立つわけですよ。建物も古っぽくは造ってるけど、形状や色調での統一感そんな無いし。

そもそも高山で大満足だし、そこから更に古川に足を伸ばすのか?これで旅情を掻き立てられたり、リピートに繋がるか?っていうとちょっと懐疑的でして。
『本当に見せたいところ』と『別にそうでもないところ』の切り分けが出来ていないと。
非日常を味わいに来てる観光客に日常を見せてはよろしゅうないと思うわけでございます。
他にも重箱の隅をつつくレベルのことはあるけど割愛で、どうしても『高山の下位互換』と感じてしまうわけですよね。
単純なコンテンツ力量だとA級に近いものがあるだけに勿体無いなーという印象。
現状が回っているならなんの問題無くて、余計なお世話でしかないんだけどな。


あとちょっと飛騨古川の写真をどうぞ。

河合医院がたまりませんな。
そして唐突に出てくるロボット兵はなんなんやw


というわけで、飛騨古川観光は終了。
これから高山へ向かいます。



そして高山では2時間近い待ち時間が発生するので、昨日に引き続き観光でございます。
さてどこ行くかね?
とりあえず朝市のとこ通って川沿い歩くか。

鯉たくさんいるけど登ってくれない…


朝市抜けたとこの酒屋

飛騨酒がだいたいそろう。
しかし世界のcongiroさんレベルになると、ちょっと離れた客のいない小さな酒屋で明らかに売れてない勝手に古酒化したモノをチョイスするのでございます。だからここで買ったことはないw


そんじゃ、人のあんま居ないとこ行こうかね。

やっぱこの辺は落ち着きますね。
そう、congiro選手、大観光地の人の居ないところが大好きなのです。
ていうか、生活の感じられるところが好きでね。そういうところを中心に攻めて、フレッシュスーパーやまだで朴葉ずし買って終了でございます。


そんじゃ、駅に戻りますかね。

うむ。


高山駅到着。
すると!僥倖!僥倖〜ッ!クロスシートですよ奥様!やったぜ!
とりあえず座って、人の居ない間に超早めの昼飯やで!
ちなみに一升瓶は別にこのまま飲むのではなくて、カップに移して飲む。そのためのカップや。
このね、朴葉ずしとひだ正宗(ゆる古酒)は相性が素晴らしいわけですよ。

優雅なランチセット。いや〜満足。
列車は出発。俺睡眠。ぐー


あとは景色を見ながらうつらうつら。

撮ろうと思った時に風景は過ぎていく。
この路線は列車もいいけど、車のほうが色々見れて良さげな気がする。



そして美濃太田に到着。
美濃太田→多治見→中津川
津川駅到着!

中津川で次の列車まで2時間強の待ち。
ということで中津川散策でございます。


中津川は中山道のアレがナニなので(あんま知らんのや!スマンなw)、観光スポットってのはあるんでございますけども、観光に力入れてる地域ではないので、そこまでどうというわけでもないですが。とりあえず川沿いとか普通に住宅街などいろいろ巡った。
というわけで、中津川の風景をどうぞ。


中津川沿い

うむ。


街並み

うむ。


酒屋。

セレクト系でかなり大規模。
オススメなのですけども、駅から遠いのと日曜は休みなのでございます。


酒造周辺

本日は休みでございました。(たぶん盆休み)


てきとうに歩く

うむ。


お?

おお!この中央食堂で食べたい!酒()飲みたい!


あとはただひたすら駅まで歩く。

うむ。


ここは中津川で一番近い酒屋。

中津川だけじゃなく周辺地域の酒もかなり揃うのでオススメ。


最後、五平餅も食べた。

うまし。


そして友人と駅前で合流し、中津川→塩尻→大月→都内と帰って今回の旅は終わりとなるのでした。
うーん、しかし。しかししかし。
もう帰りがダルい。行きのテンションが帰りにないからな。
特急なり新幹線なり使ったほうが良いんだろうけどさ。


疲れたけど、明日にはまた旅行に行きたくなっていることでしょう。


おわり。