あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

刈穂 山廃純米酒 燗あがり: 超まぁまぁ(でもたぶん伸びるので評価は変わる予定)


秋田県は大仙市の秋田清酒株式会社の造る日本酒ですな。
安売りしてたので買ってきた。


裏。


味。
うん、口開け時でピークではないと思う。
これは恐らく伸びそうな気がする。
で、いまんところもうものすごくまぁまぁな印象。バランスは良い。
通常その辺で買える山廃純米酒がこれくらいだったら良いんじゃなかろうか?思うくらい、なんか山廃純米の基準値みたいな味。
乳酸菌を思わせる酸味がゆるーく乗ってて、それは心地が良い。
燗冷ましがウマイと思う。


「まぁまぁ」って表現はそんなに褒めてるようには見えないけど、日常にはいいと思うのよね。
ただ、特段「うまい!」って思うインパクトは無いというかね。
「これでいいかなー」みたいな。焼酎で言うところのダレヤメですわな。


でさ、昨日の酒屋八兵衛に絡むんだけど、この刈穂飲まなかったら八兵衛のレビューはもっと先だったんだよね。
これ飲んで、「あ、なんか似てる。だけど全体的にこっちがひとまわり上というか、あれの目指すカタチがこれなんじゃないか?」とね。



しかし、この味わいだと、2550円という定価は微妙に高い気がせんでもない。
2300円ならちょうど良いような。


たぶんこの酒質は伸びると思うので、その都度追記する予定。
伸びると当然評価は良くなる。