あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々の記録ブログです

地元にっ記3


オッス!お前らバレンタイン!
俺はこの日で東京に戻るため地元での最終日となります。
マイサンと一緒に繁華街へ行った記だぞ。


福岡の中心街天神から中州へ。

中州は言わずと知れた日本三大(?)歓楽街だけど、まだこの時間は健全でございます。


川端商店街のおでん屋の看板。

清酒 白花、聞いたこと無い名前の酒だな。昔はあったのかもしれない。


川端商店街。

商店街内は長谷川法世による博多方言の描かれた垂れ幕が沢山ある。
長谷川法世は俺より前の世代の人には有名かもしれない。
博多っ子純情って漫画を描いていた地元では有名な漫画家さんです。
ちなみに博多っ子純情はスゲーおもろい。
大昔の作品だから時代背景こそギャップはあるけど、心理描写・感情表現が秀逸すぎる。


商店街を抜けて櫛田神社へ。

ザ・博多の神社です。博多山笠の舞台となる神社。
このブログ内でも何回か書いたかもしれん。


んで、大型商業施設のキャナルシティへ。

子供が遊べる小規模噴水と、時報やディスプレイを兼ねたエンタメ型噴水があって楽しい。
平日の午前中から客が多い。中国韓国の観光客も結構見かけるね。



んで、キャナルシティを出て、酒蔵みたいなのが見えたので行ってみたら風俗でした。

そうだ、ここは南新地と呼ばれる風俗地帯なのだった。
この一帯を抜けて行ったのだけど、子連れで歩いてるのにも関わらずなんかの間違いでか分からんが客引きされたよ。
「お父ちゃんちょっとお風呂入ってくるからね、おまえはここで待っててね!」てか?子供を待たせて風俗とか、龍が如くを思い出すぜ。
というわけでみなさま、バレンタインに風俗などいかがでしょうか?
え?ああ、大丈夫ですよ!大丈夫!義理ですから!義理。義理ね。



そして夕飯を食って酒もしこたま飲んだあと、ひとり最終便で東京に戻りましたとさ。
おわり。