あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

夏休み帰省旅行3日目


夏休み帰省旅行の3日目!


おはようどん!
うどん日和ですな。


本日はゆったり、7時の起床。
昨日のハードメニューが堪えて猛烈に眠いが、うどんのために起きないと。


琴電高松築港にてお得なきっぷを購入し仏生山へ。

お得なきっぷについては後述。


仏生山到着。しょっちゅう来てるけど、やっぱイイな。

では、うどん巡りスタート。


1軒目

うん、いいね。いわゆる讃岐うどん。こんくらいでいいのよね。


2軒目

!!!


3軒目

う〜ん…。


4軒目:大好き竜雲

相変わらず素晴らしいね。




仏生山温泉 天平湯。

ここでお得なきっぷの説明をしよう。

琴電乗車券(310円区間乗り降り放題)と仏生山温泉がセットになった『乗車入浴券』 これにうちわとタオルがセットで1000円!
うちわが乗車券と温泉入浴券を兼ねている。うちわを見せると電車に乗れる。
ちなみにこのうちわ単体は、天平湯にて数百円で売っている(200〜300くらいだったっけか?覚えてない)。
つまり、ざっくり1500円くらいが1000円で行けるということだ。
素晴らしい!素晴らし過ぎる!
というか、うちわが乗車券とか風流の極みですわな。
当たり前だが冬は寒いぜ!でも扇げッ!凍えろッ!


風呂から上がってかき氷。

ウマウマ。



仏生山を後にし、高松へ。
高松から大都会岡山へ。
岡山からは播州赤穂線に乗ってちょっと引き返し、西大寺に向かう。


西大寺
通常であれば、特に俺の気を惹くようなものは無いのだけどね。
何しに西大寺に行ったかというと、とある銭湯がまだ営業しているかどうか、それを知りたかっただけだったりする。
ネットに情報は無いし、電話かけても誰も出ないから、自分で行くしかねぇか…。と。
んで、川沿いをしばし歩くと激シブの酒屋が。

そして、その横に目的の銭湯があった。
柳湯!

その銭湯は、酒屋と川を挟んで向かいにあった。
うーむ、近くまで寄ってもこの銭湯が開いてんのか潰れてんのかわからんな…。
しばし、写真撮ったりボヘーと眺めてたりしてたら、近所の方らしき人が川魚にエサ?をやり始めた。
なので、この銭湯がまだ営業しているかどうか聞いてみた。
「今年の頭にやめてもうたんよ」って。おー、残念!嗚呼…。


ああ、俺が来るよりも前に潰れているとは…。
まぁしゃあないな。これがご時世ってやつだ。
行きたいと思ったときに行っておかないと、銭湯には明日がないのだ。
文化資産としてもなかなか面白いものがあるように思うのであるが、やはりそれは俺が思っているだけでな。
日本酒と一緒やね。
違う点は、酒蔵よりもすごいスピードで潰れてるってくらいかな。
取り寄せもできないし、完全地元民頼りだからね。
いくら外野が騒いでも、経営者も生活があるからねー。
というわけで、銭湯マニアの諸兄に置かれましては、銭湯延命の礎となるべく、家の風呂を取り壊してでも銭湯に行っていただきたく思い早漏


んで、しばし西大寺散策。

銭湯の情報しか知らなかったので、何があるかさっぱり分らず散策。
んで、タイムリミット15分前に見所をいろいろ発見!
おお、時間制限があるときは前もって調べておかないといかんな。
ラスト5分でダッシュで駅へ。
また汗だく観光だよ…。


追記しておくけど、西大寺は銭湯が無かったとしても見所はたくさんあった。
岡山にもこういう雰囲気のところがあるのね〜、って。
また時間が有れば寄ってみたいところではある。



んで、次はしばらく揺られ西条に行くわけだが、ここは別に酒蔵に用事があるわけではなく、酒屋に寄りたかっただけっつうな。
掛井酒店。

純米系なんだけど、熟成系のオリジナルがワンサと。おおっ、コイツぁ宝の山ッ!
時間がないのに色々話し込んで、最後ダッシュで品定め。
でも、イイの買えたぜ。ケヘヘッ!



さてと、これからの予定もノープラン。
広島で誰かと飲めんかな?と思い、ツイッター友に連絡してみたらお誘いを受けたので、西広島まで。
書いていいのか分からんけど、某蔵の杜氏さん2名と蔵人さん1名を囲う少人数の飲み会だった。
そんな会にお呼ばれしていいんかな?
なのに、酔いに任せてまたわけのわからん持論を展開してもうた。


でも、結構話することができて思わず楽しい時間になった。
お誘いくださったつきんこさんありがとうございます。


んで、本日のうちにどうしても呉に行きたい俺は、途中離脱して、ウーゴのクラウドさんと一緒に呉まで行きました。
えっ!?明日の朝、音戸まで連れてってくれるんですか?
ワーイ!


その夜はスーパー銭湯で宿泊!


つづく。