あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

あのcongiroが、都営まるごときっぷ(700円)を使った都内観光について大いに語る !その2(心構え&みんくるガイドについて)


今日は心構えとみんくるガイドについて書こう。


画像と文章を付け足す予定なので、まだ完成しとらんが、とりあえず公開する。


◆なんで『都営まるごときっぷ』をオススメするのか?
まず、なんでまるごときっぷをオススメするか?だが、
東京都内で発売されている乗り物系の一日券は、これに限らず色々ある。
正直な話、一番間違いが無いのは東京フリーきっぷ(大人1580円/小児790円)だよ。
これは都営の乗り物に加え、JRも東京メトロも使える。
つまり、東京都内を廻る事に関してはほぼ完璧といえるのだ。
リスクを避けるならば、この切符を買うのが最も懸命な手段かもしれない。


だが!東京フリーきっぷはな、何と言っても値段が倍だし、これ買うと恐らくバスに乗らない。
移動に関して言えば、JRと地下鉄でだいたい事足りてしまうのだ。
それじゃー何とも味気無いじゃないか!
東京を東京たらしめているのは何か?それは真っ暗な地下では分からんのだよ!
ここで俺がオススメしているのは、どこかに行く手段だけではないのだ。
移動風景を含めての東京観光に最も適しているのが『都営まるごときっぷ』だと思っているのだ。
だからある程度の不便を享受してでも都営まるごときっぷを選びなさいよ!という事ですな。
それにバスが通るところは生活感のあるところが多いんだ。だからこっち買え!な!


例えば、目的が東京のランドマーク的なところ見物や買い物がメインだとするなら、
都営まるごときっぷは合わないから止めといた方が良いだろう。
そういう人はSUICA買ってチャージするのが最も便利なのではないかと思うよ。
※都営まるごときっぷでどういうところを廻ると楽しいかは、その3かその4で説明するぞ



みんくるガイドについて
みんくるガイドっつーのは、都営で無料配布している路線図のことです。
その路線図であるみんくるガイドが無くしては都内ツアーは始まらない!
というか、これが無いとまるごとツアーは成立しない。だから確実に入手してくれ。
入手は、都営地下鉄・都営バス内・あるいは営業所で「みんくるガイドくれ」と言えばくれる。
初めての人はきっぷ買う前日に入手できたらベターだな。ルートのシミュレーションできるから。


みんくるガイドを開いて表と裏。

こんな感じだ。



で、ここは結構重要なのだが、初めての人は2部貰っておいた方が良いよ
何故かって言うとだよ、紙質があんま良くなくってさ、すぐ千切れるんだよ。

数年前はもう少し頑丈な紙だったんだけど、最近薄くなって切れやすくなったんだよね。



あと、みんくるガイドとは別に、公式サイトのこれ↓
東京都交通局ホーム>都営バス>おすすめの路線図>エリア別路線図
これは見やすいので、印刷するか、営業所とかで貰ってもいいかもしれない。
置いてあるの見たこと無いけど。



◆ツアー中にどこに居るか分からなくなったらどうするの?
地方の人がツアー中にどこに居るのか分からなくなることはあるかも知れない。
旅先で自身の立ち位置が分からなくなることほど不安な事は無いよな。
そういう時は、ミもフタも無いけど、都営交通機関以外の使って分かる所まで行ってしまえ!
そうやって一度リセットしようぜ。
不安っつーのは、冷静な判断力を押しつぶすから、気合じゃどうにもならんぞ。
ま、そういうときはルールにとらわれず、楽なほうに逃げちまうといいよ。



詳細な見方についてはその3以降で書くぞ。


ではまた。