あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

安い日本酒はまずいのか?赤ラベル編

【シリーズまとめリンク】
前編
中編1|中編2|中編3|中編4|中編5
紙パック編|赤ラベル(←現在見てるのはこれ)|青ラベル編|その他編|特別編
総まとめ


赤ラベルチーム登場!
今回はカップ酒の赤ラベル5種を比較しマッスル。


採点のルールに付いては、紙パック編を見てくれ。
今回はカップという形状なので、ヒヤ(常温)と燗での評価となっとります。



それでは行ってみよう!


大関 のものも

ヒヤ⇒甘い、苦い、酸味は若干って感じですかな。
燗⇒独立していた甘さと苦さが混じり合って抑え目に。若干飲み易くなるかな。
★★★☆☆☆☆☆☆☆


白鶴 まる

ヒヤ⇒変な甘さはあるけど、のものもよりは酸味があって飲める方。
燗⇒味が無くなるのだが、皮肉なことにそれが飲み易さになってたりする。
甘酒の上澄みを掬って超薄めた感じ。
★★★★☆☆☆☆☆☆


月桂冠

ヒヤ⇒これは結構いいのでは。バランス良し。薄いけど。
燗⇒若干のドライ感。更に薄くなるので、ヒヤの方が良いかな。
★★★★★★☆☆☆☆


白鹿 鹿

ヒヤ⇒薄い薄い苦味と薄い薄い酸味と薄い甘み。新潟的意味ではなく、ある意味水のよう。
燗⇒酸味と甘みがちょっと出てくる。でも薄い。
★★★★☆☆☆☆☆☆


鷹正宗 トップテン

ヒヤ⇒それほどでもないが、甘みが前面に立ってて他が控えめ。
燗⇒甘みが更に前へ。嫌な甘みではないので飲めるけど、飲み続けるのはちとキツい。
★★★★☆☆☆☆☆☆




赤ラベル編:総評
月桂冠の『月』が若干のリードという結果に。
比較すれば差が出るというレベルであって、ピンで飲んでたら分からないかも。
まぁ、それでもバランスの良さと嫌味の無さから『月』を一番の評価とした。
「日本酒がとにかくダメ!」って人が、それでも飲まされる状況に陥ったときは、
『まる』を燗するか、『鹿』をヒヤで飲むのが良いんじゃなかろうか。
だって、ほとんど味が無いんだもの。
とにかく、この赤ラベルに編に限って言える事は、「全部薄い」って事だね。
ウマイマズイを語るよりも前に「薄い」で片付いちゃってますな。




さて、ここまでの時点で数値を相対的に調整してみよう。
必ずどれかに0点をつけ、必ずどれかに10点をつけるルールな。
最終日にやる予定だったんだけど、気が変わったので毎回やる。


下野国 鬼ごろし
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
黄桜 呑
★★★★★★★★★★
白淡麗
★★☆☆☆☆☆☆☆☆
大関 のものも
★★★★☆☆☆☆☆☆
白鶴 まる
★★★★★★☆☆☆☆
月桂冠
★★★★★★★★★★
白鹿 鹿
★★★★★★☆☆☆☆
鷹正宗 トップテン
★★★★★☆☆☆☆☆


言っとくけど、こういうルール下だから★が10個ついてるのであってな。
別に★10だから美味いとか言ってるわけじゃねーぞ。