あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

安い日本酒はまずいのか?中編3

【シリーズまとめリンク】
前編
中編1|中編2|中編3(←現在見てるのはこれ)|中編4|中編5
紙パック編|赤ラベル編|青ラベル編|その他編|特別編
総まとめ


せっかくなので集合写真を撮ってみた。




うへー、これ全部飲むのかよ…。
私財投げ打ってこんな企画やる俺は、もはや紅綬褒章受賞程度では足りないレベルだろ。
こんなんでも二千数百円は掛かってんだよ。



もうこの時点で、俺の素直な心は
「こいつらは飲まずともマズイ!そうに違いない!飲まずとも分かる!」
と決め付けている。


飲む前に想像で言っとくが、今回でいう特殊なの(樽酒、純米、奥播磨)を除いては
全部同じ味なんじゃないかって思ってるよ。
第三のビールがどれのんでも似たようなもんだと感じるのと同様に。


もしそうだった場合、ひとつがまずかったら全部まずいって事だからな。


注射がなぜ怖いか分かるか?
それはな、痛いの知ってるからだ。
つまりはそういうことだ。




【追記】
これだけ買っててまだ未購入のブランドがあったのでメモ。
白鶴、松竹梅、黄桜、日本盛、宝酒造、白雪、剣菱


剣菱だけはなんか違う気がしてるけど、スーパーで必ず見るので敢えて入れてる。