あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

安い日本酒はまずいのか?中編5

【シリーズまとめリンク】
前編
中編1|中編2|中編3|中編4|中編5(←現在見てるのはこれ)
紙パック編|赤ラベル編|青ラベル編|その他編|特別編
総まとめ


みんな〜!集〜合〜!
ワー!


…。
うっへー。




…とりあえず、飲む順番決めるため分類ごとにチーム作っとくかね。


紙パックチーム!ワーワー!


赤チーム!ワーワー!


青チーム!ワーワー!


他色チーム!ワーワー!


剣菱奥播磨は別で。


ちなみに、ここに挙げたやつで飲んだことがあるやつは以下の2つだけ。
ワンカップ大関(十数年前に飲んだ。マズかった)
・菊水ふなぐち(5年以上前に飲んだ。結構いけた)


まぁ、この辺のスーパー取扱い銘柄ってのは、色々と進化進歩しているだろう。(と思う)
きっと味も昔よりは良くなってんだろう。(と思う)
つーわけで、過去のイメージは捨てて新たな気持ちで飲んでみようと思う。



今回企画の趣旨は、ちょっと省略してたからアレだけど、
『安い日本酒はまずいのか?』
というよりは、
「俺みたく、積極的に色んな酒を飲んでる者にとって『安い日本酒はまずいのか?』」
っていう言い方が的確かもしれない。


その疑問に答えを出すための企画なんだけど、
結論がどうなるかで俺の気持ちも変わってくるだろうな。
全部マズイとかだったりすると、俺は山岡化するだろうし、
逆に多くがウマかったりしたら、日本酒っつーものを考え直すきっかけになるだろうね。
まぁ、その辺はいずれ答えが出るので…。



しかしアレだよね。
全国的に流通している大手の安カップ酒が美味かったりすると、
都合が悪いと思う人が居るのが面白いよね。
日本酒ファンの中には、大手メーカーのものはまずくあって欲しいと思っている人が結構居る。
それって結構面白い傾向だよね。
何故かそこが拠り所になっているというか。
蔵元でもないのにね。


俺としてはどうか?
俺もそういう気持ち*1は無いでもないが。


まぁ俺は「安いウマイ=正義」なので、純粋に良いと思えば飲み続けるだろうね。


というわけで!
次回から実飲が始まりますよ!


しっかし、全然ワクワクしないね!
こんな気持ちは久しぶりデース。

*1:赤字の部分