あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

小鹿 荒濾過:記憶で語るなら本にごり黒の万人向け版


鹿児島県は肝属郡吾平町の小鹿酒造が造る本格焼酎ですな。
しばらく焼酎買ってなかったけど、小鹿が造る濾過少なめ系と見るや、「うっ、欲しい!」とな。
俺が期待するのは本にごり系なのかどうかという一点に絞られとります。



この包装紙がラベルとなっております。

裏には製造過程とか書いてある。


包装紙を剥ぐと、成分表ラベルしかない。

これだけで売ってたらウラ物PB焼酎みたいだな。


味。
ひとことで言ってしまうとだな、比較対象の小鹿本にごり黒をしばらく飲んでないからハッキリと言ってしまっていいか分からんが。
記憶の範囲で語るのであれば、あれよりはフーゼル油感は無い。
パッと見、本にごり黒の1年熟成と思ったけど、べつにまぁそういうわけでも無さそう。
1年熟成とあるがよく分からん。ビターチョコを思わせる味わい部分がそうなのだろうか?


これはロックでも湯割りでもいけるし、食中でもピンでも行けまっせ。
本にごりはある意味フルボディというか、ゴッツイ系で湯割りオンリーだった(俺には)。
ということは、こっちの方が万人向きかもしれないなっつーことだな。


小鹿商品はどうやら俺向きみたいで、どれ飲んでもだいたいいける。
あとは、ドンズバかどうかってところだけど、これに関しては本にごりに軍配が上がるね。
恐らく多くの人はこっちが好きって言いそうだけども。
でも美味いので問題は無いです。