あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

2018冬!3連休の2日だけ使って剣菱を、主に剣菱を仕入れに行くぞツアー(1日目):→住吉→加東市(滝野、社町)→さくら夙川→京都

f:id:congiro:20181223232437j:plain
おはよう住吉モーニング!(兵庫県)
乗り鉄に残った唯一のアイデンティティことムーンライトながら伝統の大垣ダッシュを華麗に決め、東京→大垣→米原→芦屋→住吉とやってまいりました!
全ては剣菱を入手するためだけに!


まずはちょいとだけ散策。

f:id:congiro:20181223232328j:plainf:id:congiro:20181223232330j:plainf:id:congiro:20181223232332j:plain

この商店街、一部の店舗はシャッターが斜めなんですね。

 

何はなくともまず朝食!
大衆食堂ののれんも頼もしいかどや食堂へin!

f:id:congiro:20181223232333j:plainf:id:congiro:20181223232334j:plainf:id:congiro:20181223232335j:plain

人多くて写真とれんな。まぁエエやろ。
ガラスケースには色んなおかず、メニューはメシと汁物!ザ・シンプル!

f:id:congiro:20181223232339j:plainf:id:congiro:20181223232336j:plain
うむ、この味よ。
卵焼きむちゃウメーな。ご飯がいくらでも入る。
そこそこ腹一杯になったんすけど、そうそう何度も来れんので、うどんも食べておきました。

f:id:congiro:20181223232340j:plain

うむ、うまい。
いやー、満足。素晴らしき大衆食堂。
ごちそうさまでした。


さて、飯を食ったら散策しつつ目的のひとつである剣菱の生一本を買いに行かにゃね。

f:id:congiro:20181223232341j:plainf:id:congiro:20181223232342j:plainf:id:congiro:20181223232343j:plainf:id:congiro:20181223232344j:plainf:id:congiro:20181223232345j:plain

というわけでこちらの濱田屋さんへ。

f:id:congiro:20181223232348j:plainf:id:congiro:20181223232347j:plain

いやー、この酒屋さんすげーよ。
地元愛をビシバシ感じる。
「地酒とは地元の酒や!」と言わんばかりでございますね。
予定にはなかったけど剣菱以外も追加購入させていただきました。

ところでこの酒屋さん、外に大正時代の魚崎町實測なるものが貼られておりました。

f:id:congiro:20181223232349j:plainf:id:congiro:20181223232350j:plain

田んぼが多い。

 

んじゃそろそろ剣菱の蔵チラ見して次行きましょうかね~。
と思ってグーグルマップ見たらこのへん灘蔵密集地帯じゃないですかーやだー!
行かざるを得ませんね。

この場所から一番近くはここだ!
やぁっぱり~俺はぁぁぁぁーんんんーKick ass the roommateでお馴染み菊正宗!

f:id:congiro:20181223232352j:plainf:id:congiro:20181223232353j:plainf:id:congiro:20181223232401j:plainf:id:congiro:20181223232400j:plain

こりゃ立派やのー。

酒瓶の変遷

f:id:congiro:20181223232355j:plainf:id:congiro:20181223232356j:plainf:id:congiro:20181223232358j:plain

これ中身入っとるよ!黒い!すごい!

試飲は生原酒と百黙がございました。

f:id:congiro:20181223232359j:plain

なるほろ~

 

次はHackToolでお馴染み!白鶴!

f:id:congiro:20181223232403j:plainf:id:congiro:20181223232404j:plainf:id:congiro:20181223232407j:plainf:id:congiro:20181223232405j:plainf:id:congiro:20181223232406j:plain

純米生原酒も生一本もほんのりバナナ系ででもいい意味での水らしさがありましたね。これはかなり良いのでは?
大手の考える『美味すぎない美味さのバランス、常に飲める&売れるの』そのラインを外してないところにマジで感心しましたね。
美味すぎる酒は大して売れんとです。

 

ところでこの地域は灘酒大集合で、大規模工場がドッカンドッカン!って感じでございます。

f:id:congiro:20181223232408j:plain

 

次はほとんどの人に馴染みのない(たぶん)泉酒造!

f:id:congiro:20181223232413j:plainf:id:congiro:20181223232412j:plainf:id:congiro:20181223232411j:plainf:id:congiro:20181223232410j:plain

仙介→灘っぽい イマドキ 美味い 割と好み
琥泉→そんな灘っぽくない イマドキ あんま好みではない
灘っぽいというのはあとくちあたりに感じ渋みとかなんかそんなやつ。
ともかくここの酒はイマドキだと思うので、イマドキ酒が好きな人には受けるんじゃなかろうか?灘にあっては異色な感じすらする。
こういうのが白鶴と対象的な『美味すぎる酒』の代表だと思う。

 

剣菱は直売&見学無いので外観だけ。

f:id:congiro:20181223232409j:plain

というわけで見学終了!学んでないが。


住吉のラストはこちらでアイスモナカ!

f:id:congiro:20181223232415j:plainf:id:congiro:20181223232419j:plainf:id:congiro:20181223232416j:plainf:id:congiro:20181223232417j:plain

ほんのりキャラメルのような風味があるな。うまい。


さてさて、目的の半分は果たした!
あと半分!住吉から加古川へ。
加古川線に乗って目的ブツのある地まで!

f:id:congiro:20181223232420j:plain


というわけで滝野駅です。駅周辺の様子もどうぞ。

f:id:congiro:20181223232421j:plainf:id:congiro:20181223232422j:plainf:id:congiro:20181223232423j:plain


そのレア剣菱が売ってるのはこのJAなんですが…
って閉まっとるやーん!やーん!やーん!

f:id:congiro:20181223232424j:plain

マジかいや。売ってるとこ4つのウチ3つがJAなんだが?
これはもう残りの一箇所に行く以外の選択肢が無いですね。

 

ま、その前に近くに酒造あるみたいなんで寄ってみましょ。

f:id:congiro:20181223232425j:plain


神結(かみむすび)酒造

f:id:congiro:20181223232434j:plainf:id:congiro:20181223232428j:plainf:id:congiro:20181223232432j:plainf:id:congiro:20181223232431j:plainf:id:congiro:20181223232429j:plainf:id:congiro:20181223232430j:plain

年末年始は試飲なし。
しかし惹かれるものかいくつかあるな。
等外米純米普通酒とか、山田錦100%普通酒とかカップ酒ーズとか。
試飲が無くても気になるものは買わざるをえん。都内では一切見ないし。
では次、大本命に行こう。


そして目的の地へやってきた!
加東観光案内所!

f:id:congiro:20181223232439j:plainf:id:congiro:20181223232435j:plain

か、かんこう…?
まぁいい、とにかく中に入ろう。


すると…
あったー!なんでんのー!

f:id:congiro:20181223232436j:plain

これですね、障害を持つ人たちの支援として企画された商品なんですよ。確か。知らんけど。
ということは、たくさん買った俺えらい!ってことですね。
物理的に持てる量として4本ほどいかせていただきました。
ちなみに販売のなんちゃらとかで通販はできんらしい。だから直接買いに行ったわけですよ。
イタリアに皿を買い付けに行く感覚で加東市に剣菱を買い付けに行く。このスナック感覚は俺ならではですよね!もっと褒めろ。

 

さて戻るか…
時間が早かったら戻らないでそのまま北上ルートってのもあったんだけどね。
→福知山(銭湯)→西舞鶴(銭湯×2)→京都みたいな。
まぁ、日が長い季節のほうがゆっくり景色も見れていいやろ。ということでまたの機会に。

f:id:congiro:20181223232440j:plain

グーグル先生ェ…

この辺のまちなみをどうぞ。

f:id:congiro:20181223232442j:plainf:id:congiro:20181223232444j:plainf:id:congiro:20181223232443j:plainf:id:congiro:20181223232445j:plainf:id:congiro:20181223232441j:plain

うむ。

はらへったからローカルスーパーで弁当でも買うか。

f:id:congiro:20181223232448j:plain

弁当無いですね。メロンパンあったので買いました。

f:id:congiro:20181223232449j:plainf:id:congiro:20181223232450j:plain

おいしかったです。
さて、目的を果たしたcongiroさん、これからどうするか?
とりあえず加古川線で戻ります。

 

酒を買いに行ったら日が暮れていたの図。 
酒だけに酔狂とはまさにこのこと!酒だけに!

f:id:congiro:20181223232451j:plainf:id:congiro:20181223232452j:plain

加古川に着きました。


1軒気になる酒屋があるので行ってみることにしましょう。
住吉駅にもほど近いさくら夙川(しゅくがわ)駅。
ホントは前半に行くつもりだったんだが、予定外の酒造見で時間食っちゃったからね。

目的はこちらの東鶴。

f:id:congiro:20181223232458j:plain

おっ、これはDS!俺の好きなやつ!
めちゃ種類あるな~。おー、これ欲しいなーあれ欲しいなーでも持てないなー。
ウィンドウショッピングに留めましたが、かなりの酒屋さんでしたね。
何気に泡盛の品揃えもすごいし、地元酒の取り扱いもハンパねーし。
目の保養になりました。これはかなりオススメ酒屋と思いますよ。


白鹿の蔵もありますね。

f:id:congiro:20181223232453j:plainf:id:congiro:20181223232454j:plainf:id:congiro:20181223232455j:plainf:id:congiro:20181223232457j:plain

見学はもう終了してるから販売部の方だけ。
しぼりたて原酒→つまみの柿の奈良漬とやるとかなりエエな。20パー原酒なだけにキツイぜ!アルコール感すごい。だが「酒を飲んでる…俺はいま酒を飲んでるッ!」という感があってイイですね。

 

白鹿売店から向こうに見えるは白鷹さん。

f:id:congiro:20181223232456j:plain

こっちはもう時間切れだろうし見学あるか分からんので行かず。

 

さて、次へ向かうか。
しかし今日は月が綺麗ですね。

f:id:congiro:20181223232502j:plainf:id:congiro:20181223232504j:plainf:id:congiro:20181223232500j:plainf:id:congiro:20181223232501j:plain

月と白鹿
井戸水からのぞむ月もまたよろし。

 

さてと、どうすっか。
京都 or 名古屋どっちかにしよう。
というわけで京都は鞍馬口の銘酒居酒屋『若水』の作ちゃんに電話。
「今日は空いとりますか?」
「今日は団体で予約が入ってるので遅い時間に来てください」
遅く来いってことは泊まっていけって言うことやな!
よっしゃ行くか!

京都~。

f:id:congiro:20181223232506j:plain

酒屋~。

f:id:congiro:20181223232507j:plain

角打ち~。

f:id:congiro:20181223232509j:plainf:id:congiro:20181223232508j:plain

銭湯~。

f:id:congiro:20181223232512j:plain

ここの銭湯大好きですね。コンパクトかつ十分な設備。
個人的にはロッカーの鍵が南京錠ってのが好きポイントです。
のんびりしてたら21:30になりましたね。
そろそろ行きましょうか。

 

若水です。
ちょうど団体のお客さんが帰っていくところでした。

f:id:congiro:20181223232513j:plainf:id:congiro:20181223232524j:plain

今日は今までにないくらいハイパー忙しかったらしく、ヘルパーで藤原食品の社長、ナットゥーゾこと藤原さんも入っておりました。

藤原食品│京ブランド認定納豆の製造・販売 トップページ

藤原さんの造る納豆は絶品ですので皆さん20,000ケースくらいお買い上げください。
藤原さんの納豆に賭ける熱い想い、そして熱気溢れる製造工程についてはこちらのページでご覧になれます。必見!!!

藤原食品│京ブランド認定納豆の製造・販売 ご挨拶

ちなみに俺も片付けを手伝いました。えらいですね! 

んで、落ち着いてからちょい飲み。

f:id:congiro:20181223232517j:plain

藤原さんの納豆をオイル漬けしたもので、俺はいつもこれを食っています。これ通販すればいいのにね!酒進みすぎる。 

作ちゃんに「なんか食べさせたいもの出して」と言ったら基本的に手のかからないものが出てきます。良い客ですね!

f:id:congiro:20181223232518j:plainf:id:congiro:20181223232521j:plainf:id:congiro:20181223232522j:plain

パワープッシュの米宗です。俺も大好きです。

作ちゃんはパブリックドメインなのでどんどんネットに乗せて良いそうです。みんなも作ちゃんを撮ってネットにアップしよう! メチャ疲れた顔してますね!

f:id:congiro:20181223232523j:plain

というわけで今回は米宗を中心に飲みました。
米宗は基本的に固いんですけど、青いバナナ的な将来性を思わせる良さがあります。

 

そして作ちゃん「お腹が空きましたサイゼリアに行きましょう」
は?なぜ?

 

というわけでサイゼリアです。

f:id:congiro:20181223232527j:plain

1名増えてパブリックドメインズ3と飲んでます。
もちろんマグナムでマリアージュ。
すごく楽しかったですね。

 

作ちゃん「あれが3大天一のウチのひとつですよ」
俺「へー」

f:id:congiro:20181223232525j:plain

もう25時くらいですね。
これで泊まれなかったら死ぬやつ。
泊まりましたけど。
はー、明日(今日)は4:50起きか~。死ねるなー。寝ます。