あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

銀座マデイラエントラーダのトークイベントに行ってきた記


銀座にあるマデイラエントラーダに再び行ってきたレポ!



前回のレポはこちらでございます。

■銀座のマデイラワインの聖地、マデイラエントラーダに行ってきたレポート!
http://d.hatena.ne.jp/congiro/20170815/1502852200
とにかくこのときむっちゃ楽しかったんですよ!
というわけで連れていきたい友人たちと一緒に行ってきましたよ。




ザギンです。

すれ違うねぇさま方たちのいでたちから違う、ここは銀座。
新宿鮫の俺にはアウェイ感ハンパない。



本日の出品酒とリスト。

最初からブツが並んでるのは良いですね。
撮り忘れないからね。



最初はブランディーアトランティス ロゼ2015
マデイラ島で造られているがマデイラワインではなく普通にワインで、ブランディーズ社のロゼです。

前回もそうだったけど、最初は食前酒?的な意味合いで軽くて酸味の強いものが出る。
うん、美味い美味い。ここでちょっと勢いがつく感じがする。



お次のお酒準備中。

マデイラの何が良いって、まず色が美しいのよね。
並べるだけで様になるってのはとても良い。



製造元の違う2、3、4が一気に並べられます。

これで2〜4どれが好みか簡単なアンケートがございました。
2は俺が知ってるマデイラ。うまい。
3は初めて飲んだかも。伝統的な足踏みによる搾汁で造られてるという逸品。うまい。
4も初めて。これはものすごくフローラル。ローズヒップティーみたいな風味。うまい。とてもうまい。
どれが好きかと言われると、現時点の俺は4≧2>3かな〜?


ただ、こうやって合わせるものが出てくると様相が変わってくる。

マデイラと山羊のチーズ合わせるとすごい!包み込むんじゃなくて拡散する!おもれーなー。こうなるとピン飲みのときと好みがちょっと変わるな〜。




これは順番間違ってでてきたらしいブランディーズ ヴェルデーリョ。

ここらへんの話は覚えてないけど美味かったから良いやw




お次は同じ製造元のぶどう品種違いの比較。

色も味も違う。辛口と中辛口なので両方共キレは良い。
難しいことは分からんけど美味いw




次はまた同じ製造元で俺が好きな甘口のマルヴァジアがでてきた。

そしてマデイラ3種(辛口、中辛口、甘口)のある状態で、「これと合わせると面白い」と出てきたアテが和ですよ、和!塩辛、いくら、穴子、かんぴょう巻、焼き鯖バッテラ!
あのですね〜、俺もたまにやるんですけど、日本酒の古酒と酢飯って合うんですよ!
ということは?マデイラでも…う・ま・い!
いや〜、しかし日本酒のそれとマッチングの仕方が全然違って笑えるな〜。塩辛やいくらとやると特にハッキリ分かる。一般的にこれらとワインって生臭みが増幅されて合わないんだけど、マデイラの甘酸の場合は全く違う感じになるね〜。とにかく包み込まないw 広げちゃう。でも生臭くならない。う〜ん、おもろい。こういう世界もあるのか〜。




んで、最後にチョイ深めのヴィンテージ。

これがとにかくすごく美味い!
これは俺がマデイライベのときに「一番好き!」と言ったやつの1年違い&ぶどう違い。
まーとにかく、ここらへんになってくると深みがぜんぜん違うね!
浅い年数でも十分美味いんだけど、深い年数になってくると「美味い!」だけでなく「飲んだら無くなってまう〜!」みたいな気持ちになるw



これは製造元違いの同年数くらいのもの。

先日のマデイラツアーで製造元から残り1本の貴重なものをいただいてきたらしい。
いつしか俺もこの瓶のものを入手したいところ。



カレーもでてきた。

カレーとマデイラってすごく合うと聞いて家でもやったけどマジで美味いよね。



最後はケーキとチョコ

いや〜、すごく満足です。
マデイラ自身は甘いのに甘味なんかと合っちゃうのも特徴よね〜。




トーク中の木下社長。


ちなみにトークイベントって謳っているけど、堅苦しいものではなくて飲み食いしながら話を聞くという感じでございます。
いや〜本日も最高でした!ごちそうさまでした。



そして今回は俺も友人2人も飲みすぎたので健全な時間に終わったけど健全に即解散致しました。


俺は21時台に電車に乗った気がするんだけど、家についたら日付が変わっておりました。
マデイラの時間をも超越するパワー!すごいね!


楽しゅうございました。


〜fin〜