あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

井の頭(普通酒):薄っすらと吟醸粕取を思わせる日常酒


長野県は伊那市の漆戸醸造が造る日本酒ですな。


この出で立ち、まごうことなき完全なる普通酒ですね。

当然のように裏ラベルなんぞはございません。



最初飲んだときは「え?苦いだろこれ?」と思ったけど、開封後数日で落ち着いた。
というわけで、開けたては鋭角的な苦味が多いから開けてから数日放置しろ。
それからがこの酒の魅力だ。



どこまで行ってもやっぱ普通酒なのだけど、ラムネを思わせる含み香は吟醸粕取焼酎っぽさが有りますな。
でもやっぱ日常に寄り添う抑え目感が普通酒を思わせるよ。
これ長野の普段着っていうかのような酒です。
そう意識して飲むようなもんでもなく、日常のメシ時に飲む普通の酒かと思います。


これはエエと思いますね。
長野の普通酒は結構このタイプがあってね、やっぱ1700円程度でこれが飲めるって幸せなことやと思うんよね。
飲みにくいところが無くていつの間にか空になってる系の佳酒やと思います。


長野以外では見ることはないでしょうけども。