あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

広島から来た友人とゆく!都内観光ツアーズ!(亀有、神田、蒲田、梅屋敷、渋谷、五反田、日暮里・千駄木)


阿佐ヶ谷の朝は早い…ていうか、通勤ラッシュ中です。
友人Tさんと行く都内ツアー最終日ということで会社は休みました。
休みなのにラッシュを味わうこの逆優越感!バーカ!




本日はJRの都区内パスを使います。

このきっぷ、JRの23区内限定で一日乗り放題ってやつなんですが、都営やメトロの1日券と違い、網羅率みたいなのはあまり高くないです。
ですが、これはかなりオススメなんですよ!なぜって、圧倒的に分かりやすいから。
地下鉄はメトロと都営と入り組んでるし、構造的にもダンジョン化しとるんで、どうしても中級者以上になってしまうんよね。その上、まるごときっぷはバスまで組み合わせになるんで確実に上級者向けです。俺は大好きだしオススメなんだけど大手を挙げてのオススメはできないw
その点、JR1日券は行ける所に行くしかないので割り切って行動が出来るし、全て地上駅だから位置が分かりやすいってのがあるんよね。なんで、地下鉄一日券に比べると無駄が少ないのです。
メトロと都営ははよ合併せれや。




というわけで、まず向かったのが亀有。

朝メシを求めに一時間以上かけて亀有ですよ?



目的はこちらの吉田パン!

実はですね、俺ら東北ツアーの時に盛岡の名物である福田パン行ったら閉まっておりましてね。そのリベンジをここで果たそうとした次第でございます。
フィッシュフライがうまいな。ジャムマーガリンもうまい。



亀有のまちなみをどうぞ。

ちょっと直せばまだまだナウい!の絵がちょっと伊藤潤二っぽくないですか?
ただ太郎もいい名前だ。フリー太郎!





お次は友人氏が「國酒ノミダイッ!(ビクンビクン!)」と禁断症状を訴えておったので、神田に向かいます。

まずは和酒や…まだオープン前やった。
後で来るやで。




まぁ、それまでそばでも食いますかねと須田町の六文そばへ。

いや〜、ここは良いですね。ヒジョーに江戸感あるですよ!
客層も常連のおっちゃん達がサッと入ってパッと食っていく感じでよろしいです。
ちゃんとした蕎麦好きな人は何て言うかわからんけど、立ち食いそば好きな人は気にいると思いますね。俺は気に入りました!友人は大絶賛です。「今回で一番」とかぬかしやがりました。いや、確かに良いけどそこまでやないやろw




というわけで和酒やです。

congiroさんはマニアックセット、友人氏はお楽しみセット。
いうほどマニアックではなかったですけど、まぁ良かったです。
和酒やは頑張ってる感あるな。



もう一軒行くか〜!と、すぐ近くの鈴木酒販 神田支店へ。

そしたらこの日は最高に塩対応でしたね!マジ塩でした。なんなんや…
「和酒やと鈴木酒販はそもそものパワーが違うので、扱ってる銘柄も明確に違うのでそこらへんも楽しめるからどっちとも行きましょう!」と書きたいとこだったが塩すぎやろ!
というわけで、こういうことがあったら俺は『一回休み』システムを使います。行く予定の時に一度だけ行かないというやつ。そしてまた塩対応されたらもう行かないシステムです。宜しくお願いします。



ついでに未訪問の酒屋に寄ってみる。

なるほどーなるほどー




それから蒲田に向かいます。
ちなみに移動中はほぼ涅槃でした。
目的はゆーシティ蒲田。

うへー最高!風呂もいいけど休憩室のマッサージ機最高!天竺が見えましたね。天竺。
湯上がりの風が気持ちよすぎる。良い季節や。




そんでそこから歩いて梅屋敷へ。

すごくどうでもいいんですけど、標識の位置的なアレがあって、なんとなくこの物件が梅屋敷みたく感じられるので梅屋敷は最高です。



梅屋敷の商店街を歩きます。

この商店街を抜けた先に俺のエルドラドがあるのです!



エス!福田屋!

わざわざ行くお店!最高でございます。
今川焼きは焼き機の補修跡(ネジ穴)がつくので、それを引いたら俺的には当たりです!
そしてこの日知ったんですけど、どうやらかき氷は一年中食えるっぽいですよ?
いや〜、最高!



福田屋って電車的には最寄り駅が無いようなものなので、めんどくさい人はバス使いましょう。

京急の大森〜羽田空港バスに乗って弁天神社で降りるとすぐだから楽だぞ!
羽田から直で行けるのはなにげにポイント高い。



バスで大森着いた。

特に大森には用事ないんだけど、せっかく来たんでちょっとだけ散策いたしましょう。
山王小路飲食店街です。




そんでJRにて渋谷へ。
東急渋谷東横店で球磨焼酎の六調子が試飲販売しとるということで来ました。

おっ、美味いな!六調子は球磨焼酎の中でも熟成に重きを置いとるということで、とにかく熟成のやつが美味いです。樽熟のやつなんかすごい完成度でね。
しかしながらcongiroさん、そこから先も気になってしまいます。なので「スピリッツの免許取らないんですか?」って聞いたら「文化の縄張りみたいなところがありますから」で大爆笑w マニアックな話題につきまして申し訳ございませんm(_ _)m
『文化のナワバリ』名言頂きました。
んで、蔵の人と話してたら五反田の内藤商店が六調子の商品結構置いとるとかで。
そしたら友人が「ンイギダイッ!」って言うんで予定大変更して五反田に行くことにしました。



五反田の内藤商店です。

ここ、焼酎の品揃え凄まじいんですけど、真骨頂は品数ではなく知識やと思うんですよ。米焼酎の熟成について訪ねたらかなり内容の濃い答えが帰ってきまして。結果、友人T氏は9本と爆買い!不肖、私も3本ほどイカせていただきました。大満足でございます。
いやね、米焼酎ってすごく美味いんですけど、全く注目されてないから売れないんですよね。
米焼酎は熟成して価値が出る(むしろ熟成しないとあまり…)」とのことで。
それが理解されると米焼酎の世界は大いに変わると思うところでございます。
いまのところ俺らみたいな好事家の世界になっとりますけど、米焼酎はほんとに美味いので皆様にも試していただきたく存じます。結局、内藤商店には二時間近く滞在してしまいましたw
みんなも行こう!内藤商店!




そうこうしていると予定が大崩れで、目白の田中屋も池袋の角打ちも行けなくなり、もう一人の友人と合流して飲む約束をしていた日暮里へも大遅刻でございます。

合流に遅れたため、もうひとりの友人は『おこ』でした。ハハッ!ドンマイドンマイ!
でもしょうがないよね、轢かれそうな仔犬を助けたり国宝の壺持ってフラついていたおばあさんを自宅まで送っていったら器量の良い娘さんを紹介されて断るのにも時間掛かったりしたんだから止むを得ない事情かと思います。でもそれを遅刻のいいわけにするのも男らしくないし、こういうことで"男らしさ"みたいなことを書くとジェンダー的な問題もあったりするので、やっぱり言い訳は良くないと思います。つまり全ては友人T氏が悪い!ファッキン!反省しろッッッ!



というわけで千駄木です。約束の地であり俺達のネバーランドこと『にしきや』に到着!

いや〜、にしきやマーベラスです。何から何まで美味いし、居心地も最高!
ところでにしきやでは一番安い國酒(雪の朝)飲むんですけどね、意識せずにスイスイ進んでいく安普通酒の価値って素晴らしいと思うんですよ。そしてしこたま飲んだあとの〆のおにぎり&味噌汁。こいつがハイパーうまいワケでして。
というわけでみんなもにしきやに行こう!
でも混むから俺が行かない日に行けよ?アンダスタン?




というわけで本日はおとなしくお家に帰ることに。
明日から仕事やしな。


でも今日でTさんとお別れなんて…(T_T)


感極まって秒で寝ました。