あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

2016秋の九州一周ツアー(3日目):鉄輪、竹田、高森、上益城、椎葉村、水上村、湯前、霧島(妙見温泉)


おはよう鉄輪モーニング!
行き先適当にしか決まってない3日めだよ〜!




鉄輪の朝は早い…

いたるところから温泉の湯気がもくもくです。


鉄輪ぶろ

ふい〜


朝飯も蒸し料理

楽しいよ!(調理中のみ)


♪パンパンパン!昨日のパン!

ふつうです。


鉄輪のまちなみ

さらば鉄輪。




そして竹田市に入りました。

このシャレオツな建物はラムネ温泉館といって人気の温泉施設です。
10時オープンだからまだ開いてないし、これがメインではないからここはスルー!
超人気なので並ぶことも多いから行きたいやつは要注意だぞ!



我々はそんなシャレオツなとこよりもココですよ。

ラムネ温泉館からすぐ近くだぞ!


これがザ・露天風呂のガニ湯。

当然入るワケですが。
フル・モンティなので着替中や移動中は当然ポコチーニとか丸見えなんですけど、問題は恥ずかしい事ではなくて、湯が超ぬるくて外が寒いっちゅー事でした。
真正面の旅館のお客さんと目が合いましたので手を振っておきました。


すっかり冷え切ったので、そこからほんのちょっと先の炭酸泉あるところに向かいます。


くまもと感

大分県ですが。



七里田温泉のラムネの湯へ。

ここは今まで入った炭酸泉の中でもトップと言えるくらい炭酸がすごい。
温度も低いのでダラダラいつまででも入ってられるやつなんだが、狭くて人多いので幸せになれるかどうかはタイミング次第!どう考えても平日とか早朝がオススメ。
ちなみに俺らが行った時はオッチャン集団がいて、そのオッチャンにポコチーニ出してガニ湯ってたの見られておりましたw
またオッチャンいわく「ガニ湯は各温泉宿の廃棄湯ブレンドがあそこに集まって川に流れている下水みたいなもんや」的なこと教えていただきましたけど、その情報俺らに要りますかね?w




そこから割りと近く、congiroさんがひっそり応援している千羽鶴の佐藤酒造へ。

造りがもうすぐ始まるとのことで色々準備中でございました。
阿蘇山噴火時の火山灰は結構飛んできたとのこと。


「見学しますか?」とのことで、お言葉に甘え見学など。

「なんで焼酎メインの土地柄で(誰も理解しない←実際そう)生酛やってるんですか?」とか、色々質問しまくり。
突然の来訪にも関わらず相手にしていただいてありがたい限りでございました。


そして…おっ楽しみの試飲タイムだよ!

(※但し、俺を除く)


佐藤酒造の千羽鶴生酛純米は俺大好きすぎてケース買いとかしてたんだけど、造ってる本数聞いたら年間700本とのことで。

ハハッ、俺が1%以上買ってるのかw
しかしですね、これスゲー美味いからおすすめですよ?都内では売ってないけどな!
唯一、池袋の炉端焼き屋で置いてるらしいけど。行ってみるか。
千羽鶴生酛、今は火入れオンリーで無濾過生原酒はないけど、次は少量だけでもチャレンジしたいって息子様が言ってたので超期待しております。




そして熊本県入り!
高森田楽保存会(熊本県)で田楽食べるよ!

ここはロケーションもいいし楽しいし美味しい。
メニューはコースだけで、そのコースに+αの単品を追加するシステム。
辛子蓮根とか予約だけのメニューも一部あるので予約がオススメやで!
基本コースは田楽、揚げ、だご汁、ご飯がセットや。だご汁も美味いし良いぞ!
とにかく味噌がスゲー美味かったので買ってった。
味噌はご飯にかけて食べてもうまいぞ!


お前らも行こうな!高森田楽保存会!

ヴァー



そのすぐ近くで「地鶏食おう!」と友人より連食のすすめ。

しかしながら行列できてたので断念。
順番逆にしとったらどっちも食えとったかもしれんが、しゃーないな。




これより淡々と南下いたします。

一般道の山道をただひたすら走る。バス停が渋い。




燃料がちょっとヤバくなってきたのでガソリンスタンドへ。

なんかアニソンガンガンかかってますね。


そこの便所。

みつをはそんなこと言わない!w




熊本県上益城郡、宮崎都の県境付近にある馬見原橋へ。

『老朽化に伴う架け替えで、町活性化の起爆剤となることが求められた。(熊本県公式)』とのことだけどみんな素通り。補助金のアツい香りがする。知らんけど。
これだけポツンとあったところで起爆剤にはならんやろ思うけど、まぁ…うん。


橋の周辺は割とこざっぱりとして良さげなところでございます。

他力鮮魚とは。




宮崎県に入ってすぐなんか祭り?やってたので餅買ってみた。

ヌオー!なんやこれ!ぶちくそ美味い!うーまーいーぞー




椎葉村入り。
椎葉村の十根川にあった廃旅館。
廃墟に未来志向の政治家ポスター見かけるとニヤリとしてしまう。

こういうの共産の独壇場な気がしてたんだけど珍しく自民。
友人氏いわく「九州は共産とキリストが弱くないですか?」
知るかよw



椎葉村は秘境ということでやって来てはみたものの、そう秘境という感じではなかった。

スマホの電波が届いてないという意味では秘境かもしれんけども。


観光案内所

開いてないしそもそも観光箇所がない。


ふ〜、だいぶ山道走ったな。あとは下るだけ。

ここを下りきってしまえば、いよいよエクストリーム山道終了っぽい。




山道終了して熊本県球磨郡水上村の物産館に到着。

congiroさん、ここに来るの2回目ですが超オススメです。


理由はこのコイン式の噴水。1回10分500円。

まぁパッと見、なんのこたぁない噴水に見えるんですけどね。


他の噴水とはチョイと違う。
序盤こそ「シャー」って感じなんだけど、数分経つと「ドブシャーーーーッ」って勢い増してくる。

それだけでも壮観なんだけど、高さがMAXになるとこっち側に飛沫がスゲー勢いでかかる。
風向き次第ではビショビショになるムダにテンション上がるアトラクション!
もし行くなら同行者には伝えずに体験させましょうw
吊り橋効果とも相まって今宵のアレもナニやで?お?ゴラッ!
カップルor男同士・女同士orファミリーだったらきっと楽しいぞ!
独りor潔癖症には向かないぞ!


終わり頃に日が暮れてきた。

イイッ…


この橋の雑さも必見だ!

かなり雑だぞ!必見だぞ!
ちなみに物産館自体はふつうです。




くま川鉄道終着駅の湯前駅に到着。
物産館併設なんだけど、物産館は着いた瞬間閉まった。ファッキン!

しばし駅舎などを撮っていたら列車の近づいてくる音が…!


おっ!田園シンフォニーやと!

ちなみにこの列車が来るサマを動画で撮っていたんだけど、停車するタイミングで友人氏が奇声を発したのでその動画はゴミになったよね。ボケが。
そのあと列車の外側撮ってたら、車掌さんが「中入って撮って良いですよ!」ということで、ありがたく入らせていただきます。


くま川鉄道の田園シンフォニー、これが激烈に素晴らしい!
これが列車の車内ですよ!?ていうか、もはや家じゃん!?
鉄じゃない友人も思わずエレクチオン

くま川鉄道 田園シンフォニー、有り体に言ってマーベラスでございます!
もうこれはお前らも来ない理由が無くなったな!
人吉〜湯前は田園シンフォニーに決まりだ!
ちなみに人吉からは他にも観光列車のいさぶろう・しんぺい号が出てるので、それもマキシマムオススメやで!いま、人吉がアツい!(そうでもない)


鐘があったのでガンガン鳴らしておきました。

鐘の音は「ダンコーン!」です。宜しくお願い致します。




さて、もう暗くなり始めてきましたが。
ここで友人氏
「鹿児島行こうぜ!」
と。


「えっ!?」




というわけで霧島です。
とんかつたべました。

ゲフー


そのあとスーパー行って酒コーナー見たらほぼ焼酎しかなかった。

鹿児島感スゲー感じる。




本日の霧島でのお宿は妙見温泉の田島本館!

ここはムチャ良いですね。風呂サイコー!まじサイコー!
従業員の方々もとてもにこやかで最高です。


1階各部屋の名前は魚の名前付いてますけど、2階は201、202、203…でした。

そこは頑張ろうやw


とんかつでは〆られんので部屋で飲む。

ほぼビール飲んだだけで、泡盛はあんま飲まず。


wi-fiが部屋まで届いてないから食堂で焼酎いただきながらネットちゅう。

猫さまがおられますね。
お、こっち寄ってきたぞ!
かわいいですね〜!(当方猫アレルギー)



本日終了。



〜つづく〜