あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々の記録ブログです

都営まるごときっぷで行く!都内ベロベロツアー(後編)


バスで千住→浅草→四つ木→立石と行こうかと思ったのだけど、バスは時間読めないんで都営ルールに縛られず要所は京成線にて移動しようということに相成りました。
というわけで、北千住→東向島と京成線で移動し、向島消防署前から四つ木小学校前までバスで移動。そこからは徒歩にて今やセンベロ観光立国と化した立石を目指します。


立石と言えば当然こちらでございましょう。


7軒目:宇ち多(立石)16:30

平日のこの時間であるにもかかわらず、10人ほどの行列ができておりました。
congiroさん、宇ち多は2回目なんですが、注文の仕方が全くわかりません。
しかしここは便利な電脳空間、こんな便利なページが御座います。
◆改訂2・宇ち多゛(うちだ)の注文・頼み方、ルールとマナー(京成立石) - 酔う(よう)さんの酔酔どうでしょう?
http://dodeshow.doorblog.jp/archives/28898884.html
ルービーと煮込み、カシラ・ナンコツ、ガツ・シロ・ハツ(生、お酢)で宇ち多を堪能。
「ここでガッツリ食べよう!」とか友人言っておりましたが、元々サイズがデカいのでこれにてギブ。
ちなみにcongiroさん達会計後、行列はなくなっておりました。Shit!


8軒目:栄寿司(立石)17:00

そろそろシースーでしょうか?ということで栄寿司でございます。
ルービー頼むと即オーバーな感じなので、ここも休肝時を設けさせていただきました。
鯛の握り美味しいれす。一回の注文で2カンなので当然シェアするんですが、友人はあろうことかちょいとお高めのイクラをチョイス!おい、俺イクラ食べれん言うたやろが!この魚卵野郎ッ!
まぁなんとかうまくギリギリの予算内に留めました。



そしてちょいとばかし立石散策

ハイパー渋い小路を抜けると、そこは候補のひとつ鳥房。

ここも候補だったのだけど断念。
そしてホントは蘭州も行きたかったのだけど、月曜定休のため断念。
というか、そこまでやるとほとんど立石ツアーになってしまうアルヨ。


そしてここから四つ木方面にちょいと歩きます。


9軒目:倉井ストア(立石)17:45

序盤のハムカツに落胆の友人を慰めるべく「本物のハムカツをご馳走しますよ」と、ハムカツとハイボール。うむ、これぞ正しきC級グルメ。ハムカツ美味い!ザ・ハム!ザ・カツ!
倉井ストア大好きれす!國酒があんまりないのが玉にキズ。


腹ごなしに四つ木まで歩きましょう。
んで、四ツ木といえばこちら!



10軒目:ゑびす(四ツ木)19:00

しかし、ここでとんでもない事件が起こる!全容はこのあとすぐ!


congiroさん、白酒(280円)とカワハギ刺しをご注文。

友人は何をトチ狂ったか、純米酒300mlとアユ塩焼きをご注文。
純米酒!?300ml!?」
気になる価格は…驚きの720円!オイッ!俺好きでもない白酒飲んどるんやぞ!ていうか、今日の注文の中で一番高くないか!?500円超えたの馬肉ユッケとこれだけやぞ!?


そしてお会計は…まさかの2000円オーバー!サノバビッチ!

オイッ!何してくれとんのや!
もうこれは『純米事変』として末代まで語り継がれるレベル。
そしてこの純米酒、申し訳ないけどマズかった。普通酒って言ってもわからんくらいスッカスカ。
ちなみにゑびすは超良い居酒屋なのでcongiroさん大好きです。俺らのチョイスがミスっただけ。俺"ら"じゃねーか、お前だよお前!この純米野郎!ゴラッ!和らぎ水道水でも飲んどけやッ!
チッ、まぁいい…友人も大反省しただろう。
とはいえルールはルールなんや!鉄の掟なんや!2000円ルールを破った罪は重い!ギルティや!ギルティ!
というわけで友人には年末まで贖罪の日々を過ごしていただきたい。



その純米事変後、反省会と称して次の店へと向かいます。


リストアップされていた東向島の亀屋。

しかし、その向かい側に本日のリストには含まれていなかった激渋中華料理店を発見!


11軒目:来集軒(東向島)20:30

渋すぎる外観。

そして更に、渋すぎる内装と常連率100%の店内。


ここで先程の純米事変のショックを振り払うべく、國酒(一級)をオーダー!

なんかえびせん付いてきた。甲殻類アレルギーの友人はこれに手を付けず。


ラーメン・炒飯・國酒2丁!というラインナップ。

國酒はお察し一級。無かったことにするべく、禁忌とされるIKKINOMIを敢行。たいして入ってないけどw
いや〜、ここに来ての大炭水化物祭りは流石にキク!



その後、鐘ヶ淵まで歩いて『はりや』で〆ようと思ったが、無念の臨時休業。
やはり純米事変が尾を引いているもよう。純米のせいで歯車がズレたか…
時間もいい感じになってきたので、鐘ヶ淵から浅草まで京成線にてワープ。
浅草から蔵前まで歩いて、蔵前から大江戸線で中井まで行って、西武線で沼袋まで。


沼袋では純米事変の穢れを落とすべく一の湯へ。

スッキリした気分で我が家に帰り、ファイナル禊の刻へと参りましょう。


congiroさんは大人物なので、純米事変とかそういうことはもう気にしないであげたい。
いまは落ち込んだ彼のメンタルケアをしてあげなくては…
というわけで、本物の純米酒をご馳走しますよ。


感極まるを一献。

友人も思わずニッコリ。
美味しい笑顔がこぼれます。
これにて本日のベロベロツアーは閉幕。


翌日、congiroさんは吐き気(まんぷく中枢の方)で目が覚め、
友人はcongiro家をチェックアウトしてヒロシマシティへと帰っていきました。



都合4日間の、それは楽しい夢のような毎日でした。


そう、あの事変さえ無ければ…


〜完〜