あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

2018夏後半旅行記(3日目):中央本線で帰りながら未訪問の塩山に寄って円筒分水を見に行こう!

f:id:congiro:20180820083632j:image

おはよう守山モーニング!写真は塩山だがな!とにかくおはよう!

今日はどうしましょうね。

 


とりあえず始発で移動します。
守山→米原→名古屋
そしてここで岐路、東海道本線ルートか中央本線ルートか。
帰りはホームライナー無いっぽだもんなー。ナイスホリデー木曽路とかいう快速(名古屋から塩尻まで行っちゃうすごいやつ!)出とるな。乗ったことないし、中央本線ルートにすっか…
そしてここからほぼ睡眠ぐぅ。

 

塩尻!
おお、何ということ!本日は何のドラマもねぇ!塩尻で次の電車までの猶予40分くらいあんだけど、これまた塩尻は駅前に限って言えばこれといって見るとこがなくてですね。交通の要所ではあるんだけど…うーん、喫茶店でも行くか。

f:id:congiro:20180820084002j:imagef:id:congiro:20180820084012j:image
こちら550円でお好きなケーキ&ドリンコ注文できるので、時間空いたときたまに来たりしますね。

うむ…正しきモンブランの味。

 


さて塩尻戻って電車来ました。それからどうする?もうめんどいから甲府まで行こうか。

しかしケーキセットが意外と腹持ち良かったらしく腹ペコでもなくてですね。

もうちょい先に行くか…石和温泉公衆浴場はまだ開いとらんしな。と、ボーッと考えてたら未訪問の2箇所を思い出したので塩山に行くことにいたしました。

塩山の歴史って知りませんけど、町として結構デカかったんでしょうね。他のチョイ過疎駅とかだと駅前から一本道だけが商圏ってのがほとんどなんすけど、塩山北側は降りてからちょい先に商店街や温泉街などがあってですな。

貼り付けたつぶやきの方にもありますが、まさか映画館があるとは!ってまじでビックリですよ。俺は今回初めて来たからいまの塩山しか知らんのですけど、かつては相当栄えていたはず。

f:id:congiro:20180820085016j:image

 

さてそろそろ昼めし食っときますか。

通りかかりにすげー気になったこちら日の出へ。

こちらのおかみさんに塩山のことを聞いたところ、昔はそれは栄えていたそうで。あと先程の映画館も現在は閉じてるけど、何かイベントなんかのときに開いたりするらしいとかで。で、今は駅南側に主要道路が出来てから北側が寂れたのだとか。なるほどなー。

いや、美味しゅうございました。タンメンも餃子も良かったし雰囲気がサイコーやった。

 

 

んで、ここからちょっと先に塩山温泉があって、そこで入っていこうかなと思い歩くと名前のついた小さな坂道があってしかも解説付き。

そしてすぐに温泉街…かなり寂れてて開いてるとこが少なめでございますね。f:id:congiro:20180820085947j:image

一応、立派なお宿が数軒現存しておりました。現存のところはさすがに立派な建築物件っすな。

 

で、入ろうと思ったんだけど、時間の都合上泣く泣くカット!しゃーない。塩山なら近いしチャンスはある。

 

 

ところでこちら、塩山の南側にあるお店ですが、すごく良かったのでどうぞ。

 

 

 

そうして温泉をカットしてまで行きたかったところがあるとですよ!

 

すると!

これや!まんぞく!

スケールは小さいながらも機能美があって、シチュエーションや横の銘木などとの組み合わせも相まって来て良かったなぁと思わせるには十分でございました。よかよか。

 

 

そしてそのまま次の勝沼ぶどう郷駅をめざします。グーグルしぐさとかでわけのわからん隘路みたいのを行かされ苦笑するもとりあえず到着。
f:id:congiro:20180820090441j:image

 

今回来てはじめて知ったけど、勝沼ぶどう郷駅って昔はスイッチバックだったそうです。へー。

f:id:congiro:20180820122145j:imagef:id:congiro:20180820122136j:image

 

 

そしてここからは一気に無言の帰宅。

買ってきた酒と食べものでやろうと思いましたが、立ち寄ったスーパーにてアラスカシシャモフライを買って帰り、島耕作さんと一杯やりました。

ロードバイクで言えば!ね。

他意は無いよ?

 

 

ところでこの三日間、スマホで更新してみたんですけど、画像とかツイッター貼付けがすごくめんどくさくてあんま貼り付ける気がおこらなくてですね。

結果的にスッキリとした一般的なブログのエントリっぽくなって逆に見やすいのでは?という自身のアイデンティティを揺さぶる自体になったことをここに表明いたします。

 

 

おわり。