あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々の記録ブログです

【縮小版】日常:誉 池月を飲んでいる

f:id:congiro:20210726190033j:plain

誉 池月、このラベルはなかなか珍しいと思います。
これはいわゆる普通酒スペックかな?

誉池月に限らんのだけど、エントリークラスとしての普通酒・本醸造・純米があったとして、その中でも普通酒が一番美味いケースがままある。
ここで言うソレは「低スペックがたまたま美味かった」ということではなく、普通酒に混ぜものされている事があるという意味である。混ぜものというとアレだけど、何らかの理由()で他スペックの酒をブレンドして出してる普通酒って意味ね。
普通酒は縛りがゆるいので割と何でもありなところがある。わりと。
時たま見かける『純米なのに等外米ゆえ普通酒』になってしまうのもその1パターンである。
でも正直、酒屋が教えてくれない限りは飲んで判断するしか無くて、通常の造り方では普通酒だと出せっこない混じった味わいとか、うっすら残っている吟醸香とか、造りたてなのに熟成感あるとか、そーゆーのあったらそれの場合がある。
そして、これはおそらくそれだと思われるやつ。おそらく。たぶん。メイビー。酒屋さんが言ってたからそうだろう。

わりと少なくない普通酒はそういう事がある。
俺が普通酒好きな理由のひとつがそれだったりもする。『普通酒』の名を持ちながら普通ではなく、それは自由である。もう普通酒は自由酒で良いのではないか。そう思うのであった。

〜fin〜