あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

2017夏!お盆の土日、18きっぷサマーツアートラベル旅行記(2日目):岡崎、清水、興津・由比・蒲原、蒲田


帰路でございます。
トップ画像は岡崎(愛知県)の岡ビル百貨店。




京都らしさモーニング!

京都っぽい写真はこれしか撮ってませんでした。



というわけで、さらば昨石君、さらば若水。

皆さん、京都におこしの際は鞍馬口の若水に行きましょう。
若水は食べログにて三ツ星を獲得したという由緒あるお店でございます。
京都にありながら京都の酒がひとつも無く、あるのは竹生島・十字旭・美波太平洋・丹沢山という実力派マニアック銘柄だけ!本人曰くお金大好きらしいので、たくさん使うと喜ばれます。
一応の目安として20000000万円くらい使うと良いのではないでしょうか。
暇な時はくだらない話が聞けますよ!トイレにはひおちんシールが貼ってあります。

京都市営地下鉄 鞍馬口駅下車 徒歩数秒。
鞍馬口 若水!
鞍馬口 若水!
鞍馬口 若水!
ステルス・マーケティングはこのくらいにしておきましょうか。





では京都→米原→岡崎です。


岡崎周辺来たのどれくらいぶりですかね…トヨタで期間工やってから来てないですから15年以上ぶりくらいでしょうかね?全く覚えてません。

岡崎駅周辺はきれいさっぱりになっておりましたが、岡崎の街並みは健在でございます!




さて、何のために岡崎で降りたかというと…こちらです!岡ビル百貨店!

なんかそろそろこのビル自体の存続がヤバいのでは?みたいな雰囲気あるのでやって来た次第でございますよ。



岡ビル百貨店、確かにこれは未来が見えない系のアレですね。

サマーセール感の無いサマーセール…
こういう雰囲気、俺の地元にもあったし都内にもたくさんあったけど、どんどん無くなってるよな〜



この味わい深さハンパない階段の手すり

粘土曲げてとっつけたようなラインとムラのあるニス塗装。
…手作りの?ぬくもり?



目的である3階の食堂にメシを食いにいきますか…

うおっ!食堂以外何もねぇ!



スパゲッチマカロニの店 キッチンこも

ここ凄く良さそうじゃないですか!?
というわけで入ります。



開店して即入ったので客は当然俺1人。

これは優雅なブランチででございますね。
しかし、岡崎のキャラっておかざえもんじゃなかったっけ?


渋いカトラリー&メニュー

エビフライとハンバーグの定食に食後のコーヒーもセットにするか…


うむ、いいぞ!

エビフライ美味しかったです。
満足&満腹!来て良かった。



4階の剥がれた壁画

この階には登れなかったので元々何があったのかはわかりませぬ。


というわけで岡ビル百貨店を超堪能いたしました。
興味ある人はとにかく早く行ったほうが良いぞ!





お次は岡崎→浜松→静岡ときまして、清水にて下車します。
清水は俺おなじみのタケダフルーツですけども、それ以外の街並みもちょっと撮っておこうかと思いまして。
この日の清水は祭りの最中で賑わっておりました。

ここで飲み食いしたい気もあるんだけど、このあと峠越えがあるからな…
ジュースだけで我慢するんや…


端まで行くと人は殆どいなくなります。

しゃーない



清水物件

うむ。



清水駅で降りたら必ず立ち寄るタケダフルーツ。

ここの生フルーツジュースは安くて美味しいのでオススメ!
清水で降りたら必ず寄るというより、ここに行くためだけに清水で降りてる。
調子に乗って3杯飲んだら腹壊した経験あるので、最近は2杯にとどめております。



清水は建築的にも結構見どころがあって、パル通り商店街はこういう片持ち梁のユニークな建築物が並んでいる。

タケダフルーツのすぐ近くなので生ジュース飲んだ後にでも是非見に行って欲しい。
清水はいいぞ!



清水 銀座小路

清水はいいぞ!



巴川橋梁

シンプルで短くて力強い形状…すき。
というわけで清水散策終了です。





清水の次は隣駅の興津へ。

興津までは5キロあるので流石に電車移動。
目的は興津で降りて峠越えし、由比・蒲原方面に行くといった塩梅でございます。



興津の街並み。

いつものことだけどこういうのしか撮ってなかった。
べつにラビット推しの街ではないようです。



峠越えに行きましょう。

興津川を越えると手付かずの自然山がございました。
誰も気にしないと思うけどこういう荒れ放題山、結構珍しいと思うんですよ?



薩埵峠。
傾斜がヤバい、チャリでは絶対無理!車でもローで登らないといけないタイプの急坂!

だけどそんなに標高ないのですぐ終わる。
ここを超えると富士山が顔を出すはず!はずなんや!



薩埵峠より富士山を望…見えませんね。
展望所の写真でご覧くださいませ。

Oh…


しょうがないので東名と国道1号線をご覧くださいませ。

いとファック…



えっ?こんなところにもおるの?

いや、車なら楽勝だけどよ…




薩埵峠を越えて倉沢。
これより由比方面に向かいます。

このあたりは東海道の宿場だったこともあり、街並みもその名残がございますね。



日本酒クラスタのみなさまへ。長らくお待たせしました!

日本酒ブログの面目躍如!



由比駅

由比の街並み。
由比桜えび通りの名のごとく、桜えび売ってる店が多かった。桜えび屋の写真は無い。

うむ。



なかなかですね。

若干、潮の香りが漂ってくる感じがございます。



由比のおしゃれサロン

くっ、最後が惜しいッ!



ギャル写真をどうぞ。

ギャルはいいよね!



正雪の蔵がございました。

開いてなかったので何も買ってない。



蒲原駅に到着。

ここから→熱海→川崎→蒲田と移動いたします。




蒲田到着!
ICHIGOU(日本酒一合瓶専門店)へ。

カプセルホテルの1階フロントを酒屋にしてあるというユニークなつくり。これはアイデアだな〜と思った。だって宿泊客にはこういうサービスは嬉しいし、宿泊じゃない客には店を知ってもらえるきっかけになるしな。ただ、24時間営業なので従業員さんたちは大変そうな感じあるけど。
とりあえず飲んでみたかった越後武士の一合瓶をご購入。



最後はパーっと行きたいので飲みに行くとです。

congiroさんお気に入りの常連しか来ない店w
リッタービール飲みますよ!
ハッハー!うまい!最高!ビールうまい!刺し身美味い!
ところでこちらのお店、9月いっぱいで閉店とのことなので9月は数回行くんじゃないかな?



その後シャワって帰りました。
しかし今回は18きっぱーの鬼門である静岡を終盤のメインに持ってったから、東海道線の苦痛がほとんどなくて良かったです。

おわり