あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々の記録ブログです

微紅 (赤色微発泡純米酒):野生的な酸味をちょっと感じるオサレ系発泡


広島県呉市の相原酒造が造るスパークリングで低アルコールの日本酒ですな。


よこ

スパークリング・アジア・ビコー


蓋は栓抜きが必要。

ということは、開けたら全部飲むしかない。


蓋開けて香るのは日本酒の吟醸香
でも、抑えめの香り。


思ったよか全然甘くない。
すず音のような甘いタイプの酒ではない。
果実と野菜と植物的な酸味(「フルーティー」って言わないのはわざとだ)。
そこらへんのエッセンスをなんか感じるような。
イタリアで食った品種改良してない野菜のようなイチゴを思い出させるような。
甘みが少ないから食中でもいけますな。
ただ、一人で飲むには多いから、パーティーとか彼氏彼女で飲むと良いんではなかろうか。


炭酸だけど燗してみた。
酸味が増して微々たるレベルで甘みが増した。
健康飲料みたいな感じがして、これはこれでアリじゃないか。


しかしもったいないな。
キレイな色の酒なのに、ビンの色が青だから中がわからない。
これはどうせ冷蔵売りされるんだから、透明でも良いのではないかと思ったよ。


相原酒造はレギュラー商品が『雨後の月』で、俺にとってはハズレを造らないという印象がとても強い蔵だね。
で、こういうイレギュラーラインでいろんなことやるのでおもろいっすな。