あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

「自分の感覚なんてあてにならないな~」ってことを思いながら黒潮の魅力を語りつつ日本酒クラスタへの憂いを語りだしたと思いきや唐突に甲類焼酎スペースの告知をしだすやつ

こんにちは。迷走系ブログです。

f:id:congiro:20211010124147j:plain

友人が以前「conさん、自分の感覚なんて当てにならんっすよ!」って言っていた。
黒潮を飲んでいて、その言葉を思い出した。
本当に自分の感覚なんてあてにならないよな~。

俺はかつてこの黒潮を全然好きではなかったのです。
マチダヤで超絶プッシュしていて買ったんだけど、その時の俺の口には合わなかった。
あまりに口に合わなかったので、豚角煮作るときに料理酒として全部消費したわけです。
黒潮はちょっと要素が複雑でその時の俺には理解できてなかったんよね。
これはだいたい10年前の話。


んでよ、酒飲んでブログやってたりすると酒仲間とかできるじゃん。
「RTDズッ友だよ!」みたいな友人しかいなかったら今でも黒潮はわからんかったと思うので、その仲間の方向性にもよるかもしれないけど。
でもcongiroさんは陰キャかつコレクターですからね。自ずとディグる側に行ってまうんですよね。
自身のディグっぷり&友人からの影響とかいろいろあって、まぁ色々飲むようになるわけですわ。
そうすると今まで理解できなかったことが理解できるようになるわけですね。
ひょっとしたら酒質が変わってる可能性もあるかもしれないけど(代替わりとか)。それは分からんけどな。


で、たまたまこの画像の小瓶の方で狭山のDS系酒屋がぶん投げてたから、あの黒潮とは気づかず買っちゃったわけですね。それが去年かな?
んで、今のcongiroさんは焼酎の飲み方も幅が広がってますから、まずは俺提唱のほぼ湯割りやるわけですが…
「なんだコレ、超うまくね?」となって。
で、調べてみると「えっ?あの黒潮?」みたいになったわけですね。

これは俺は禊がねばならん!と思ったので、マチダヤで、一升瓶で、買い直したわけですわ。(ペイペイ割使ってね!)
マチダヤくらい焼酎ガチでやってるとこはさすがに感覚なんか俺よりも進んでるわけで。それにようやくたどり着いたというところです。

黒潮うまい!まじうまい!
これは芋と麦のブレンド焼酎なんすけど。ほんのり紅茶的な(芋の皮由来かな?)、また洋酒的なニュアンスがあって、芋単体とも麦単体とも言えぬ味わいがタマランのすわ。それをほぼ湯割りでやるじゃん?するとスゥーッとその要素が伸びやかに広がるわけですね。
するとマジでこれはいくらでも飲めるお湯になります。
お湯は1リットル飲め言われてもそうそう飲めないけど、これは飲めますね。お湯を最も美味くする魔法の液体です。

 

この話の結論としては「わかるまで飲んだ」に尽きるんですけど、それはやっぱ気質によるから人にそれをやれとは言わない。
ただ、黒潮については前情報があったほうがわかり易かろうと思うわけで。
前述のとおり、紅茶的・洋酒的要素ございます。
一旦分かってしまえばまどの状態でも美味いんすけど、初めてならor焼酎経験少ないなら薄めて飲む方が理解に近かろうとは思いますね。
レギュラー売りでこのような要素を持つ焼酎は稀有なので、ぜひ飲んでいただきたいっすな。
とりあえず俺を盲信する方におかれましては、ほぼ湯割りやってみてくださいまし。
【ほぼ湯割り】焼酎:お湯の割合は2:8ないしは3:7です。


ところでですね。
『経験が増えてわからなかったことがわかるようになる』
俺はこれには良い面と悪い面があると思ってて、良い面はわかんなかったことがわかるようになることなんすよね。そのままだけど。
悪い面はその逆で、わかってたことが分からなくなるんすよね。どちらかといえば解像度が上がりすぎると分かっていたものの魅力が魅力として映らなくなる場合があるというのが適切かな?あと、分かりだすと何かと比較しちゃうから、そのせいで分かっていたものへの興味を失ったりとかね。
それしか知らなかったらそれで良かったんですけど。でも、分かっちゃったんだからしょーがない。しょうがないのです。

そこへいくと日本酒クラスタって不思議なんすよね。
新時代の日本酒自体はわかりやすくなってるはずなのに「学習せよ!」って言うから。
日本酒クラスタだけじゃねーな。全クラスタそうだな。
全ての世界はわかりやすくしようとしているのに一旦足を突っ込むと学習を強要する。
初心者には優しい顔を見せておきながら一旦足突っ込むと鬼の形相ですから。
いや、無理です。俺は。学習とかしたくない。全部遊びでいいです。
学習は前述のように得るものだけじゃなくて確実に失うものもあるわけですよ。
だから学習はしたい人だけすればいいです。俺に言うな。己に言え。


そこへ行くと甲類焼酎のわかりやすさよ!性能が少ない!清い!
漫画で言えばでんぢゃらすじーさんみたいな清さですね!分からんこと一個もない。
ただ、受け入れられるかそうでないかってだけ!
甲類クラスタなんて見たことないし、もはや甲類こそが清酒と言って差し支えない!

というわけで、神奈川"建"一氏と甲類スペースを近々やる予定なんで暇な人は聴いてください。日程が決まったら告知します。
話せるほどの話題はないです!言うほど飲んでないから!

 

とりあえず、このエントリを読んだ方は黒潮を200000000000000000000億万本くらい買ってください。おいしいですよ!
黒潮のことだけはマジです。
他はどうでも良いのでスルーしてください。