あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

どよ記:家でダラダラしててもアレだなと思ったので歩いて中野まで行って電車で帰ってきた記

f:id:congiro:20210920220208j:plain

天気悪いけどファミリー散歩。
最初は「適当に散歩して帰るか…」みたいな感じだったけど、昼飯食いすぎて腹が減らなかったのでしばらく歩くことになって結局中野まで歩いた。環七あたりから雨が強くなってきたのでかなり濡れた。傘は持っていない。計6km。

マリアージュとは色を合わせることだと聞いたので。

f:id:congiro:20210920220200j:plain

ハナマサのコンビーフがウルグアイ産だったので全く未知過ぎて買ってしまったやつ。

f:id:congiro:20210920220156j:plain

しかも巻取り式のオープンスタイル。
ウルグアイサッカーよろしく堅守でありました。(つまりカタい)

f:id:congiro:20210920220153j:plain

味は…うん、フツーにコンビーフです。
蓋の硬さから鑑みるに獣臭の強いタイプと思ったら意外とあっさり。
マヨと柚胡椒で食べました。

そしてこちらはタバスコ スコーピオンソース。初めて見かけたので。

f:id:congiro:20210920220212j:plain

通常タバスコは原材料が食酢・唐辛子・食塩とシンプルなのに対し、このスコーピオンソースは原材料がスコーピオンペパー、食酢、砂糖、グァバピューレ、パインアップル、食塩、グァバパウダー、パインアップルパウダー、ペパーソース(食酢、赤唐辛子、食塩)である。
「甘い素材がいくらか入ってたほうが辛さ引き立つ理論かな?」と思って期待しつつ食ってみるが「うむ、辛い。でもデスソースほどではないかな?」という印象。
デスソースは辛さ特化のため味はそうでもないのだが、スコーピオンソースは味も一応バランス取ってる感はある。ある…が、なんか知らんけど納豆みたいな風味が若干あって気になってしまう。何が原因なんやろ?

食後、樽平のダリア焼酎をちょっとばかし。

f:id:congiro:20210831222436j:plain

ダリア球根を使ってる球根焼酎です。
球根は正月に百合根を食う程度でしか摂取しないので球根感がどんなものかよくわかりませぬ。甘くて美味しいです。