あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々の記録ブログです

「酒屋のはじめかた」とかイベントの話をだらだら書く

f:id:congiro:20210715004729j:plain

先日、俺たちの日本酒インフルエンサー(チャンネル登録者数320人 YouTuber)こと神奈川”建”一氏が、ツイッターのスペースで『酒屋の始め方』みたいなテーマのトークイベントがあってそれに呼ばれたのでちょっと喋った。

参加者は以下

  • 神奈川”建”一氏(日本酒インフルエンサー)
  • Toshi Fujita氏(SAKE Street 店長)
  • 二戸 浩平氏(SAKE Street スタッフ)
  • 覇死村 のぞ見(キキザケジェイピー所属、酒匠、サケディプロマンス、他)
  • congiroさん(普通自動車運転免許所有)

俺以外、錚々たる顔ぶれです。
なぜ俺は呼ばれているのか?よくわからんが。

 

~酒屋の始め方~

これはね~、なかなか面白いテーマだと思うんよね~。
特にこの界隈、所謂『日本酒クラスタ』とか『日本酒マニア』とかにカテゴリされる人たちはたぶん「自分だったらこういう酒を仕入れた酒屋をやりたいな〜」みたいな脳内シミュしたことあると思うのよ。それこそ野球好き・サッカー好きが脳内監督やるような感じで。
もちろん俺もある。「俺だったらこの酒仕入れたい」とかたまに書いてるじゃん?
でも、こういう話をおおっぴらにされたことはないと思うんよ。意外なことに居酒屋トークとしても聞かないんよね。だからかなり面白いと思ったわけよ。
でもまぁ、実際に酒屋やろうと思ったらいろいろ大変なことあるわけで。
ヒト・カネ・モノ的な意味で。

酒屋って、今はどうか分からんけど「好きな酒を仕入れられるか?」ってのはなかなか色々あってですね。酒屋のパワーにもよるし、単純な酒屋と蔵の相性もあるし。
意外なことにテリトリーみたいなものあってね。テリトリーていうか、例えば自分の地域にA酒店ってあって、そこでケンイチ正宗って扱ってたとするじゃん?
んで、俺がcongiro酒店作ってケンイチ正宗仕入れたいな〜と思っても、「そのエリアではA酒店さんが扱ってるので付き合い上ちょっと無理っす〜!」とかあったりするわけですよ。今は知らんけど以前はよく聞く話だった。

そこらへんの話色々ありつつ、Toshi Fujita氏(SAKE Street 店長)の発した言葉が良かったですね。
「始めるのは簡単、続けるのが難しい」
とのことで。これは酒屋だけでなく何でもそうよな~と思った次第です。

あとどんな話ししたっけな?
飲みながら話してたんで結構忘れてしまった。
Toshi Fujita氏(SAKE Street 店長)の言葉が良かったので、それに尽きるんですけど。
あとは「場所を探すのが大変だった」と言ってましたね。
候補は色々あったらしいんですけど、六本木とかも候補だったらしい。
そもそもSAKE Streetは海外展開(外国人に売る)をかなり考えているそうで、場所の選定には頭を悩ませたらしい。
なんかね、「誰にどう売る」っていうビジョンを持つって販売戦略に組み込むにあたって重要な条件ですからね。ここらへんの話も面白かったかな。
でも俺は浅草橋を選んだってのはすごく良いなぁと思った次第です。
東京の下町の中でも台東区・墨田区は歴史ある”個”な産業が多く存在するエリアで、そこらへんとの相乗効果とかも考えられますからね。お互いに補完し合ってエリアの活性化もあり得る土地柄ですよ。

あとどんな話ししたっけな~?忘れてしまった。なので『酒屋の始め方』トークイベの話はこれにておしまい。
まぁとにかく、最後の方に俺が神奈川”建”一氏「酒スト(SAKE Street)で共同イベやるか!」と持ちかけたんですよね。何やるかとか決まってないですけど。

 

というわけで酒イベントの話ですよ!
SAKE Streetの2階はイベントに利用できるわけなんですよ。

f:id:congiro:20210717113116j:plain

机と椅子あってスクリーンもあるから勉強会も出来るし、特定の試飲会も出来るし、仲間内との利用も考えられますね。

俺が出来ることと言えば喋ることと企画実行することですかね。
だからまぁSAKE Streetでやる意義の有りそうな(なくてもいいがw)イベントを考えたいな~、と。
でもまぁなんつーのか、俺は今、ブログに引きこもっててツイッターを始めとしたあらゆるSNSから身を引いてる感じなのでもう誰からも忘れられてるから、俺の名前の入った企画イベには全く効果が無いと思ってて。だから企画だけでなんとか行けそうなものを考えたいなというのが理想です。

んで昨日、そういうことをSAKE Streetの店長 Toshi Fujita氏とも喋ってたんだけどね。
どういう事ができるかな?と。
例えば、SAKE Streetには新進気鋭な酒がたくさんあるわけです。
んで、俺は個人貯蔵の古い酒とか変な酒とかあるわけですよ。
そういう酒の変遷とか、落差のありようとか、一度に楽しめるイベントとかは面白いかもなぁ…とか。俺がいなくてもまぁ成り立つし。

あと2人で話しててポッと出たのは、きき酒師だけ集めたプレゼントークイベorきき酒師持ってるけど喋れない人向けのセミナーみたいなのも需要あるんちゃうかとか。
まぁこれは俺がやるわけではないけど。割とおもろいなと思った。

あとあれですね、 俺たちの緊急事態宣言ってパート4から次回作あるかもしれんじゃん?そしたら飲ませること出来ないけど、それでも可能なイベントは有るのか?とか、いろいろ。

頑張ってるところは応援したいという単純なアレですので、なんぞ助力になるのなら迷惑にならない範囲で協力は惜しまないつもりではおります。いろいろ考えてはいるつもり。つもり。

神奈川"建"一とコラボだったら何が良いかな?
なんかしょーもないことやりたいな~。