あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

しゅくじつ記:部屋の掃除をしていた&たまには酒以外の話など

f:id:congiro:20210226110444j:plain

天皇誕生日でお休みですね。今日は休肝日にしておきましょう。
というわけで日常的な話題でも。

congiroさんのウチは、(飲まない)酒と(読まない)本と(やらない)ゲームと(〇〇しない)etcが積み上がっているのですが、マイサン1stが中学生になるまでに部屋を作ってやろうと家の片付けをやっておりました。もちろん片付けはこの日に終わることはなかったし終わりも見えないのですけども。
んで、今日は主に本の整理をしていたんだけど、身に覚えのない本とかがたくさん出てきたわけです。そういうのの大半はイベントで配布されたものとか個人的な戴き物なわけで。
そこで出てきたのがトップ画像の『蕎麦屋酒』という本。

www.amazon.co.jp

これは確かサウナーでバイカーのKさんに貰ったような…Kさん元気かな?
せっかくなので読むか…(いまさら)

 

f:id:congiro:20210226115532j:plain
f:id:congiro:20210226115546j:plain

四谷三丁目の居酒屋、鎮守の森(いま検索したら『【旧店名】animism bar 鎮守の森』って出てきたけどまた店名変わったの?)のマスターである竹口さんが書いた『日本酒選びの教科書』とかも出てきた。サインしてあるので確か店に行って酔った勢いで買ったんでしょうね。酔ってる俺は経済活動に熱心なので良いことですね!
まだ読んでませんが、たぶん俺がやらないことがたくさん書いて有るような気がいたします。”お金を使って竹口さんの本を買った”というところで本の目的が達成されているので必要な人がいたら差し上げたいですね。www.amazon.co.jp

 

これはなんだろ?『マリアージュの基本』2008年の本だぞ?こんな本買ったっけ?全く記憶にない。貰い物なのかな?いや~、買ってないと思うけど貰った記憶もない…

f:id:congiro:20210226115536j:plain

プロ向けな本な感じがするけど…う~む。
ブログを始める数年前だし記憶も無いからきっと貰ったんでしょうね。

 

『カクテルの教科書』あ~、これは買ったわ。

f:id:congiro:20210226115541j:plain

「シェイカー買ったけど何したら良いか分からん」って言ってたら友人にこれ勧められたんだ。読んでないから読むか。ていうかシェイカーどこに片付けたっけ?

www.amazon.co.jp

まぁそんな感じで。
皆様もよくご存知のように、本の整理は進まないという世界共通の理のおかげで全く終わりませんでした。

 

 

【メモ】

jisin.jp

天皇陛下は日本酒が大好き 誕生パーティーで「二日酔い」も | 女性自身

天皇誕生日ですね!天皇陛下はやはり皇居の売店で売ってる皇泉(太田酒造)とか二重橋(豊島屋酒造)を飲んでおられるのでしょうか?
記事をチラ見してみると東光とか宗玄とか書いてありましたね。渋いですね。

「陛下は日本食や日本酒といった“日本文化”でご学友をもてなされました。英国では日本酒を温める機械がなかったので、陛下は機転を利かせてコーヒーメーカーで燗をつけたといいます。陛下が振る舞われた日本酒は彼らに大変喜ばれたようで、陛下も『翌日二日酔いになりました』と笑いながら回想されていました」

えっ、俺も陛下のお付けになられたコーヒーメーカー燗飲みたい!
しかし、すごくいい話じゃないですか?
 

 

【どうでもいい音楽の話】

この日、掃除しながらラジオ聴いてたらダフト・パンク解散というニュースが飛び込んできて驚いた。別に熱心なファンではなかったが(でも好き)、ダフト・パンクって俺からするとタイガーマスクみたいな足跡をたどると思っていたから…いや、全俺がそう望んでいた。
だってさ、2代目ダフト・パンク、3代目ダフト・パンク…って面白そうじゃないですか?4代目は日本人だけで構成されるDFP48とかベタベタな展開があったりしたら!?
つーか、そもそも誰がやってるのか分からんユニットが解散する必要があったのだろうか?後世に伝えてゆくべき素晴らしいフォーマットではないのか!?


Daft Punk - One More Time (Official Video)

これは彼らの代表曲ですが、なんで松本零士なんだろ?と当時思ったけど、松本零士ファンであったダフト・パンク側の依頼だったとか。レトロフューチャーここに極まれりですね。最高です。

そういやさ、「年取ったら音楽何聴いてるんだろうか?」って思ったことないですか?
俺がじいさんになったからと突然演歌聴くわけもなさそうだし、かといって新ジャンルに手を出すというわけでもなさそうだし。昔の音楽をだけをずっと聴きつづけるわけでもなさそうだし…
そうすると「遠くない将来的には音楽聴くのやめちゃうのかな?」とも思ったけど、やっぱりアレですね、昔聴いていた音楽に影響された新時代のミュージシャンの台頭があるからその心配はなさそうですね!

これはダフト・パンクのもうひとつの代表曲ゲット・ラッキーなんですけども。


Daft Punk - Get Lucky (Official Audio) ft. Pharrell Williams, Nile Rodgers

これメインで歌ってるのファレル・ウイリアムスなんですよ。
んで、congiroさんファレル・ウイリアムス大好きなんですよ。
ファレル・ウイリアムス初めて聴いたとき、ジャミロクワイ(好き)をふと思い出したんですけど、後にラジオで知ったことでファレルはジャミロに多大な影響を受けたとか。は~、にゃるほど~。俺が心配しなくとも誰かが好きだった音楽はちゃんと誰かに受け継がれてゆくのね~。

そのファレル・ウイリアムスの代表曲にハッピーってあるんですが、このプロモーションMVが最高で。なんと24時間あるんですよ!これは最高なので見たことない人は見てほしい。

24hoursofhappy.com

俺はこれを1週間24時間ノートPC立ち上げ放しで延々とループさせてました。
好きなものはずっと聴いてるcongiroしぐさ。

そういう意味でいうとビョークのアルバム未収録曲であるViolently Happy (Domestic Mix)なんかはそれこそ初めて聴いたとき衝撃を受けすぎてラジカセやウォークマンに入れて1年半くらいそれだけをすっと聴き続けてました。いまでもたまに聴きますからね、通算だとマジで10万回以上聴いてるのでは。


Björk - Violently Happy (Domestic Mix)

そのおかげでうちのカーチャンはビョークファンでもないのにラジオで流れてきた新曲(聴いたことない)が耳に入るやいなや「あんたの好きな人の曲流れとるよ~」といいますし、マイア・ヒラサワの曲が流れてきた時に「違う人やけど似とるね」という感想をいただきました。

まぁビョークさんレベルになると独創的すぎて安易に次世代ビョークみたいな人は出てこないんですけども(音楽業界ではそう言われている人たくさんいるみたいですけど俺との解釈が違うため誰をとってもしっくりこない)。むしろ同時代かちょっと後くらいに活躍したビョークさんの内省的かつ激情的な部分が好きな人は高確率でハマるスティーナさんとかジョアンナさんは海外でも日本でも(影響は受けてないかもだけど)共通項のある次世代っぽい人たちが多く出てきてるので嬉しいです。


Michel Gondry - Little Star - Stina Nordenstam (Partizan Classics 1994)


Joanna Newsom - The Milk-Eyed Mender (FULL ALBUM)

特にYou Tube時代になって関連ありそうなアーティストみたいな感じで出てくる見知らぬ曲を聴いたらことのほか良かったとかいくらでもありますし、年取っても聴くものには困らない状況ってのはありがたいことですね。出来ればそのアーティストたちに還元しやすい手段がもっとあると良いんですけどね。CDとか無い人たち多いし。


Drama (feat. 이언 From MOT)

その流れでいうと韓国のHan Hee Jeongって人のこの曲はめちゃ刺さったので死ぬほど聴いてます。友人曰くこういうジャンルのことをアシッド・フォークと言うらしいんですけど、アシッド・フォークで検索して出てきたアーティストは俺が好きな感じではあるんですけどアシッドが強めな人たちが多いのでちょっと違うかもしれません。
誰ぞ俺におすすめできるアーティストいたら教えて下さいませ。

いや~、こういうの見ていると、俺が友人に誘われてVJ・MV参加したライブハウス開催の音楽と酒のイベントの思い出が蘇ってきた。あれは楽しかったな~。
コロナご時世明けたらまたやりたいな~。

しかし、たまにはこういう話題もいいですね。個人ブログっぽくてw