あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

姨捨正宗 辛口純米:飲みたくて造ったのでは?という雰囲気のサイレント系傑作酒

f:id:congiro:20200127211300j:plain

これはオモロイなー。
なんかちょっとだけ足りないんよ。
ただ、それでいいんよ。
足りないことの良さがある。
これはまさしく家飲みの酒。

かなり辛い
酸味と収斂味で出す辛さと
単純なアルコールのヒリヒリ感と
要素が足りないことによるこれらの際立つ感
計算によるものというか、、経験によるものなんかな?

それだけで飲む酒じゃない。
わざと足りなくしてる感じがする。
メシ酒!良い!

良い、良いぞ。
わかりづらい良い!


↑で、ここまでは燗酒の話。

 

f:id:congiro:20200127211318j:plainf:id:congiro:20200127211321j:plain

冷で飲んだらふつーに美味い。
ひんやりしたところでのバランスがある。
そしてやはり欠けたところがあり、それは食べ物が補完する。

これは多分ヒヤ酒だな。、
でもどっちでもいい
ひんやりうっすら酸味、辛味とキレキレ感。
ちょっとのアテでいくらでものめる。
いい意味で『水のよう』だ。淡麗辛口のそれとも違う、長野系辛口のそれだ。

「めっちゃ美味い!」じゃなくて
「うん、うん、いいね。」みたいなやつ。

わかる?
わかれよ?


これはあれだなー、「自分で飲みたくて造った!」みたいな味やな。
めちゃ美味いじゃなくて、これが俺の酒よー。みたいな穏やかな美味しさ。

久々にソッコー飲み終わった。

この酒は手放しの美味しさをもつ酒というわけではない。
日々、共にある、傍らにある酒としての静かな傑作だ。

好き。大好き。