あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

SAKE Underground 開催後に来た貴重なご意見とか

※写真はいにしえ酒店の棚の上に『サケアンダーグラウンド』で出品したブツを並べたものです。

SAKE Underground 開催後、貴重なご意見がありましたので許可を得てここに公表致します。

先日はSAKE Undergroundの開催お疲れ様でした。
熟成日本酒のプロフェッショナル達が厳選したお酒と、燻製専門店の美味な料理に、舌鼓が鳴り止まない素敵な体験でした。
また振る舞い酒の金粉のおかげで物理的な人間価値の高まりと共に、熟成酒に対する見識も深まったような気がします。ありがとうございます。


日本酒の熟成に関しては売り手側も買い手側も見識がまだまだ狭いのかな、と思うところがあります。理由はそれぞれでしょうけれど。
あと個人的な偏見をふまえて思うに、例えばワインと日本酒の30年熟成ものが手元にあるとして、酒類に関して一般的な知識をお持ちの妙齢の女子にごちそうしようとしたとき、ワインの場合は
「えっすごーい! 是非ごちそうになります!(モテモテ)」
といったレスポンスイメージであるのに対して、日本酒の場合は
「えっなんですかそれ。カラダに悪そうだし、あとキモいのでもう連絡しないで下さい(LINEをブロックされる)」
といったゴミムシのような扱いを受けます。受ける気がします。


我々が至上命令にすべきは、この2者間にあるグランドキャニオン的な市場価値の隔たりを限りなくゼロにするための啓蒙活動にあると考えます(相対的に熟成酒クラスタのcongiro様のモテ度が上昇することになります。メリットしかありませんね)。私もこれからは熟成酒の普及活動に力を入れたいと思います。
普及がうまくいけば、会の最後にあったように「数百本単位での熟成酒の会」の開催も不可能ではないと思います。居酒屋の売上もあがる算段です。夢が広がりますね。


まぁ肩肘張らずに、熟成酒が日本酒界隈にもっと浸透していけばいいのかなあと
(とはいえ現在の酒類業界の衰退具合を見るだに、もう有無を言わさずそこら辺の一般人にヘッドロックをかけて無理やり熟成酒を口に流し込んでやるくらいの早急さがないとまずいのではないかという危機感も少なからず感じます。難しいですね)。


犬のようなおしゃべりをたくさん羅列してしまい、お目汚し失礼いたしました。
関東住みではないため確実にはいかないこともありますが、機会があれば次回またご一緒したく、よろしくお願いいたします。
今年も残すところわずかとなりあわただしくなってまいりますが、お体にお気をつけてお過ごしください。

貴重なご意見、ありがとうございます。


あの会が終了した後、皆さんの人間力ステータスが若干上がってるような気がしたので金箔入り日本酒による黄金体験(ゴールド・エクスペリエンス)は成功だったのではなかろうかと考えておる所存です。
また、熟成に関してはまさにそうでございますね。
あんまりシャレオツなイメージありませんからね。


『熟成古酒はどうあるべきか』
それについてはまた別途、書きたいと思い鱒。



かしこ