あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

WTC初夏の新潟メイン旅行記2016(1日目−2)能生小泊→筒石→長岡

※トップ写真は能生の弁天岩

1日目:その1のつづき。


そしていよいよ一堂は新潟県に突入!



小滝駅。

秘境駅みたいな感じやろかね。
我々の旅はここからスタート!ということでテンション上がってまいりました!



次、能生エリアへ


能生といえば弁天岩。

こどもの日を過ぎても鯉のぼり出してくれてる?んだけど、相当長い年数使ってるみたいで、食いちぎられた鯉みたいなのも結構見受けられます。


こういう島みたいな岩を見るとすかさず神社を造ってしまう日本人のメンタリティ。

すき…



能生小泊のまちも徘徊致します。
能生小泊は海岸線に沿った帯状の斜面集落でございましてね。こんな感じなのですよ。

素晴らしいです。


海側はこんな感じ。

規則正しく並んでいる倉庫は美しゅうございますね。


楽しませていただいたまちではなるべくカネを使うようにしとるんですけどね…

残念ながら、開いとる店がございませんでした。


まちなみに関してはおとなり筒石のほうが有名ではございますが、能生小泊もなかなかに素晴らしいのです。

…ワン?



おつぎは新潟県の隠れたキラーコンテンツを2つも有する、隣町の筒石へ。
なんか3ヶ月前も来てますけどw

筒石といえばこれなw


それにしても素晴らしいですな。

筒石といえば、まずひとつのキラーコンテンツが木造3階建集落でございます。
規則性の強い密集した建築様式は、これはもう保護したほうが良いんじゃねーか?レベルで凄い。


漁港

漁港も見所満載でございます。
この日は集落全体でワカメ収穫やってたらしく、街がワカメの匂い。


筒石唯一のマーケット、フレッシュストアシンヤでアイスモナカ買ったら、店のオヤジさんが「ワカメ臭いだろ?今回こういうことやるの初めてなんだよ。」と仰っておりました。

確かにワカメ収穫のイベント貼り紙してありましたね。
なかなかレアな時期に来れて良かったです。


それでは筒石の坂上からの眺めもどうぞ。

素晴らしいですね。
お前らも是非、筒石にお越し下さいませ。
観光地ではないので、金使う所がフレッシュストアシンヤと美容室しかないのが難点です。
宿泊地と飲食店あったらそれなりに需要ありそうな気がするけどどうだろうな。


そんじゃあもう一つのキラーコンテンツ筒石駅にも行きましょう。

しかし、3セクになって赤券廃止されたのはいとファックですね。
特急も通らなくなったので真に迫るような轟音も聞けなくなってしまって寂しいかぎり。
ところで、モグラ駅といえば筒石と土合がございますが、ゲーム感覚で見てる人は筒石のほうがダンジョン感あって楽しいかと存じますので、お前らも是非お越しください。
入場券は140円となっております。




そしてこれから長岡に一気の移動。


まずはS君に聞いていた恩田酒造へ。

蔵では小売やってないそうなので、教えていただいた酒屋に行ってみます。

おー、あるある。これ、スペックがオモロイですね。
精米歩合88とか新潟ではあまり見なそうな?
精米歩合45の純米もございますね。純大規格でございますな。
というわけで御購入。



次、吉乃川蔵が新潟で一番歴史ある(全国だと5番目かな?)ってことなので行ってみます。
でも目的はこっちのサフラン酒本舗でございます。

うおっ!渋い!
しかし、軽トラが邪魔やな。まあしゃーない。


そのとなりは鰻絵のある土蔵。

これはすごいな…


詳しいことはこれ見てくれ

とにかく素晴らしいのだけど…
見せることには特にこだわってないみたいで、実際に行ってみると結構見づらかったり写真に撮りづらかったりするので注意だ。



ここから長岡駅方面に向かうのだけど、すぐ近くに超絶激渋な一角が!

ギャー!ここで食べたい!飲みたい!
でも宿から遠すぎる。指くわえて見るだけ…


諦めて長岡を目指します



ほんで長岡。
美味しいと噂のParisパイでミルフィーユ買います。

注文受けてから作り始めるため、受け取るまでの間に長岡駅前散策。


長岡駅前なんだけど、ぶちくそ渋いのがございます。

下の写真は寿屋旅館といって元遊郭だったらしいけど、もう営業をしていないらしい。
最初はここに泊まるつもりで何度も電話かけてたんだけど全然繋がらんかった。


ギャル スポット
アメリカンレディ

Japanese Only
どういうことや!?


ミルフィーユ受け取ったので宿行きます。
今重旅館。

遊郭とかいう噂を聞きつけてやって来ましたが、どうやらそうではない様子。
元は違う場所で営業してたらしいけど、ここに完全な旅館として建て直したのだとか。
まぁでも居心地良いからOKです。


その斜め向かいの京屋旅館の方はちょっとそれっぽかったけど不明。


うむ




ほんじゃそろそろメシ行きましょう!


一軒目、何故か大阪ホルモン系。鬼渋い。

めっっっっっちゃ、安かった。
雰囲気とかかなり良かったぞ。


通りがけに見かけた中華

ありそうでなかった、夢の餃めん!
「後で食おうぜ!」と誓い合うも帰りには閉まっておりました。ちくしょう、むねんだ…


ぶちクソ渋いプラモ屋

これは素晴らしいな。


二軒目、レストランナカタ。

開いてませんでした…


気を取り直して二軒目、山屋。

周りは人あんまり歩いてなかったけど、この店は人多い!
折角なので、3人それぞれ新潟の酒だけご注文。
「…」(白目)
「好みじゃないけど美味い」
「うん、まぁ…」


三軒目、太陽。

外に値段書いてなかったから恐れおののきつつもご入店。
お、ここは良いじゃないですか!お通しのモツ煮が美味い!
腹パンクしそうだったのでお通しとビールと酒だけで申し訳なかったですが。
長岡にまた行く機会があれば真っ先に寄りたいところ。



で、旅館に戻ってパイ食って寝た。

パイは美味しゅうございました。
満腹・ヨッパ・寝る前で食うもんじゃねーけどよw


2日目に続く


(2日目−1):長岡市(宝徳山稲荷大社出雲崎)→燕市(公楽園)
http://d.hatena.ne.jp/congiro/20160520/1463778846