あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログ)

東京メトロ一日乗車券ツアーその1(湾岸エリア):木場、豊洲、月島、佃、築地


◆銀座に踏切、豊洲に鉄橋…都心に眠る廃線跡 大都会で楽しめる「鉄道の遺構めぐり」 | 旅・趣味 - 東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/110003
これを読んで塩浜の廃線跡豊洲・晴海の鉄道橋を見たくなったので、東京メトロ1日乗車券で行ってきたツアー。
ちなみにそれ以外の予定は一切立てていない。



というわけでメトロの木場駅到着。
駅を出て洲崎川緑道公園の遊歩道を通り

バラックとかシブい物件など、街並みを適当に見ながら東京地下鉄東西線車庫を通過。


すると、すぐ先に『しおかぜ橋』ってループ歩道橋があった。

傾斜弱め2回転サイクリングロードになってて、てっぺんからの景色が良いです。スカイツリーも見えますね。すこぶる良いです。


そんで目的の塩浜の廃線跡に到着。
しおかぜ橋からも見えるぞ!(写真上2枚)

この廃線越中島貨物駅(一番下の写真)から晴海方面へ延びてたらしい。
越中島貨物駅は工事列車のみの発着で、一般利用はないもよう。
晴海方面への線は平成元年に廃止になったのだとか。



そんで次も廃物件見に行きます。

豊洲方面に行きまして〜


到着!晴海橋梁!廃止された鉄道橋でございます。

これも先ほどの廃線跡と同じく平成元年に廃止。
興味がある人は『東京都港湾局専用線』を見て下さいませ。
しかし、ロマンはあるが全景が上手いこと収まる撮影スポットが無いので、どっかビルの上からでないと厳しい感じっすな。



こっからは築地へ向かうため、月島・佃島あたりを通過。

東京都中央区月島4丁目4あたり、朝潮橋のたもとにお堂みたいの(写真一番上)あるんだけど、素性が全く分からん。調べたら情報があったけど、そこでも分からんらしい。なんやろ?
http://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/2012/08/-v-beh.html
ほんで月島・佃あたりは下町らしいシブい物件あるんだけど、月島のメインストリートが超観光地化しとってですね、congiroさんはそういう所を通るとRPGの毒沼歩く感じで体力が削られるのでございます。ビクンビクン



築地到着。

とりあえずかちどき酒店は寄る。


そして実は未訪の築地本願寺へ。

マジかこれ、マーベラスやんけ!なんで今まで行かんかったんや…
友人曰く、「ここは建物全体のデザインや雰囲気だけじゃなくて、階段の手摺りに妖怪っぽい彫刻が座っていたりとか、ディテールも良いのよね。東京を代表する名建築かつ珍建築だと思いますよ。ここを設計した伊東忠太って人はなかなか曲者で、他の作品も一見普通に見えるけどエキゾチックな要素があったり、ディテールに妙なこだわりあったり、大好きなのですよ。」だそうで。
ほ〜、なるへそな。


俺が行った時はたまたまパイプオルガンの演奏やってて、それが聴けたのも良かった。
毎月最終金曜日にやってるらしいので、お前らもぜひ。
http://tsukijihongwanji.jp/gokan/sound/l_concert



というわけで、その1湾岸エリアは終了。


これより中目黒へ向かいます。