あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々の記録ブログです

ふくおか最終日っ記


福岡最終日。
というかこの日の朝イチ便で東京戻って即出社予定だったんだけど、予約確認したら最終便だった…
たぶん、1/5最終の予約のつもりが1/6と間違えたとかそんなんかもしれん。
俺自身完全に間違っていたため、航空会社からのメールが来たときに「は!?」みたいになった。
だって、会社には今日出社って伝えてあったんだもの。
というわけで急遽休日になったので福岡満喫しておきました。



とりあえず、昼はマイマザーとおデートってことでシースー食べに室見へ。

久々に来たな。


酒も飲んだ。大賀っつー聞いたことない酒。造ってるのは福岡の玉出泉。

なんと口開けです!嬉しいですね!口開け以外は酒じゃありません!(本気にすんなやw)
んで、お初のこのお酒はどうかって言うと、飲食店向け、特に寿司屋などにまさにジャストという感じですね。ただ、口開けから時間経つと苦味出そうな感じがするんで、これ、飲食店には一升瓶じゃなくて180ml瓶とかで流通させたほうがいいんじゃねーかなとも思った次第。もちろん、回転が早いなら全然問題なさそうだけど。
カーチャンにそう言ったら「そうやね、浅い感じがするね。」とのこと。
この浅いは底が浅いという意味じゃなくて、浅漬け的な意味の浅いでございます。平たく言うと軽いという意味っすな。
味自体は酸味も渋みもそこそこで切れ味はあって、ちょい果実的ニュアンスはあるけど完全に抑えめで。非常にバランス取れててガリやお茶などと似た役割を果たしながら美味しいという感じのまさに寿司酒って感じがしましたね。んなもんだから、まったくもって家庭用ではないという感じではあるけど。こういう特徴が際立つものでもないのに特化した性能を持つ酒って近代的な感じしますな。


寿司も美味しゅうございました。

煮付けも良かった。アラの仲間らしい。
ごっそさんでした。


その後は西新の純喫茶でコーヒをキメました。

フレッシュ入れがなんかかっこいい。



んで、マミーと別れ、俺ひとり西新商店街で買い物。

しかし西新商店街の垂れ幕イイなw
西新商店街を知っているとなかなかオツなギャグに見える。自虐って言うよりは千客万来の言い方変えた的なやつです。


こういう貼り紙いつもやってる店。

この前は「給料が出ないから休む」とか書いてあった気がする。


んで、蜂楽饅頭と辛子高菜買って帰りましたよ。

蜂楽饅頭は美味い。


あとは家帰ってマイサンと風呂入って、夕飯食って酒飲んで、空港まで送ってもらって涙の別れ。

congiroさん、一升瓶五本抱えての上京と相成りました。
手で運んだ酒なのできっと美味しいでしょう。


ちなみに今回、実家から超絶ひおちん持ってきたので、どう変化・進化したか楽しみでございます。
口開けから三ヶ月以内で完落ちしたひおちん界のエースナンバーが東京を制覇する!
ちなみにベースはかなりダメ酒でした。それだけに期待大!


というわけで明日から仕事です。
しかし、なんで仕事せねばお金貰えないんですかね。世の不条理に憤りを隠せません!
社会が悪い!社会が悪い!
そんなcongiroさんの冬休みは早くも終了してしまいました。


おわり