あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々の記録ブログです

帰省旅行:香川広島編


というわけで香川です!


7/26、仕事帰りに中野のJR寄って「ムーンライトながらの今日のチケットある?」って聞いたら「1つ空いてるよ」との回答。
マジか!?


分からん人が殆どと思うので説明しておこう。
ムーンライトながらとは、23:10に東京を出発して5:51に大垣に到着する全席指定の快速電車のことだ。
そして今は学生どもの夏休みシーズン。
つまり距離を稼ぐ18キッパーにとってはまさにプラチナチケットなわけよ。(曜日によっては全く取れないし、ヤフオクでも高騰する)
要するに、18きっぷ1回分(2300円)+ながら指定券(500円)+αがあれば、本人の頑張り次第で東京から九州まで行けてしまうんだよ。
まぁそりゃ今でこそLCCのおかげでそんなに価値があるモンでもないけど、カネは無いけどヒマはある共や乗り鉄共の支えとなっている、そういうチケットなワケですよ。


俺は来週一週間が夏季休暇なので帰省するわけなんだけど、帰りの手段を何も考えてなかったのね。
手段としては、月曜早朝にLCCで成田から福岡まで飛ぶか、18きっぷで酒飲みながら移動するか。
ただ、ムーンライトながらが取れない場合は、東京発朝5時台のに乗らないと酒を飲みながらの帰省ってのができない訳さ。
そしたらながらのチケットがキャンセル出てて取れたので、当然購入して即家に帰って準備して飛び出たわけですよ。
でも飛び出た時間が遅かったので、東京に23:10には着かんわけです。
やべー!しかも西武線人身事故で超遅れとるやんけ!
そこは稀代の知将と謳われし我等のcongiroさん、品川に行けば乗れんじゃね?と思ったら乗れました。まったくもってジニアスとしか言いようがないですね。お前らも見習え。
で、ドンブラコと電車に揺られ、寝たり起きたりを繰り返しつつ、大垣ダッシュも相生ダッシュも見事成功し、やっと降りたのが高松。
この時点で11:58。はやい!



というわけで、香川県高松市、仏生山に来ております。

今回は輪行ではないので、アシが己の足しかないのです。
仏生山は自分の足で見て廻るにはポイントポイントの距離がちょっとシビアでして。
なので、ちょっとお高いですが、電動チャリのレンタサイクルを500円でやらさせていただきます。
ことでんの駅係員に借りる事を伝えたんだけど、あんまり慣れてないあたりから察するに、これは誰も借りとらんのだな?と想像。


まぁいいや、とにかくうどんじゃ!
法然寺の竜雲にて特大生醤油うどん。

よし!満足!


次!天平湯。

よし!満足!


この2軒に行かないと、俺の香川は始まらないし終わらないのである。
何を差し置いても仏生山は欠かさんワケです。congiroさんは律儀ですね。
そのおかげで丸亀のうどん食いに行く予定がダメになってしまった。
気付いたときには14時過ぎてて閉店…。
次は丸亀も予定に入れよ。骨付き鳥も食いたいし。


というわけで、予定変更して香川は早めに切り上げる!
15:10の高松発の電車に乗りたいのだけど、酒屋にも行きたい。
猶予はあと45分!


仏生山から瓦町までことでんに乗って、そこでまた違うレンタサイクル借りて移動!
猶予25分!目的地まで2キロくらい!
ママチャリ立ち漕ぎの大爆走!汗だく!温泉無意味!
うがー!到着!

でも買わず。


あと10分!

高松駅のレンタサイクル返却地まで1.2kmくらい。
それなのにこんな写真撮る!
チャリ返した!
今度は駅まで生身ダッシュ
間に合った!
俺いつもこんなんばっかや!
死ねる!


ところで、高松のレンタサイクルは借りた場所と返す場所が違っていても良いという親切な仕組みでございます。オススメなのでお前らも高松散策には使うといいぞ!
俺のような使い方はオススメせんがな!



広島で遊んでくれる方が見つかったので、広島まで向かいます。
高松を早めに切り上げたので時間あるから西条に寄っときましょ。


西条なう!

酒造の街なので、街並みがなんとも心地が良いです。
毎回30分くらいしか滞在してないけども。


そして西条といえばこちら、掛井酒店!

西条の酒をほとんど置いてないガチ御大系純米酒のお店です。
御大系はこうでなくっちゃな!というわけで3本購入!
今回も30分くらいで西条終了。



というわけで、広島駅に向かう。
広島駅に着いてバスで八丁堀まで。


ついた!
そらや!

ここで酒友'sと合流!
そらやはうまいし!楽しい!最高!


次、焦がし焼きそば 嬉一へ!

日本酒ハイボールで乾杯!焼きそばうまい!会話も楽しい!最高!


次!

繁華街を通って…


串道楽 楽車!

あえて3人ともホーリーで乾杯!
ここの名物店長がかなり素晴らしいキャラで。
100人中100人が同じ事言うだろうな〜!ハハハ!
やべぇ〜!楽しい!超楽しい!
そんな感じで3軒飲みに付き合ってくれてありがとう!
ハイパー楽しかったです。


その後、宿泊地は決めてなかったのだけど、最近転勤した元同僚のところに泊まる事にした。
当然連絡などしていない。
着いたら部屋は真っ暗でした。
「ピンポーン!」
「ピンポーン!」
「電話も鳴らすで〜!トゥルルルルルルルr」


「ガチャ」
土曜日の0時というのに、友人は寝ておりました。


「マジ来たんですか…」
「そう、泊めて!」
「明日5時おきで○○に行くんよ…」
「わかった!泊めて!」


泊まった。