あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

大子温泉の軍鶏鍋と東力士の洞窟に日帰り旅行した記

先月アップできなかった分のアップシリーズ、ラスト!

茨城の大子温泉の玉屋旅館で軍鶏鍋食いに行こう日帰りツアーにつれてってもらった記。
軍鶏鍋食ったあと適当に温泉入って帰ろうツアーだったんですけども、俺が「島崎酒造(東力士)の洞窟見たい!」と言ったのでそっち側にも行きました。


この日の面子は、いつも一緒に旅行に行く友人、+2名+俺の4人。
酒飲み友達ではなく十数年来の趣味仲間でございます。


朝9時ごろ、秋葉に集合して友人の車にて出発。
3時間くらいで目的地の常陸大子駅付近に到着。
おお、俺の好きな感じの街並みやね。

この日は、常陸大子駅でSLイベントやってたから、鉄っちゃんとお子さん連れがそこそこ居りましたな。ちなみにトップ写真のSLは常設のやつどす。
目的の店は下の写真にちょっと写ってる玉屋旅館。


うむ、この感じ。たまりませんな。

軍鶏鍋のしゃもはほぼダシ要員なので、メインは雑炊という。すげー量入ってるんですけど軍鶏。
軍鶏親子丼の味付けは濃い目で俺好みだった。
えれぇ食った割りに一人頭の支払いが3000円行ってない…。


食った後は横のパン屋でちょっと買い食い。

このカメラを構えている友人は最近カメラに目覚めて沼にハマり込んでいる様子。
彼曰く「素人こそいいカメラを買うべし!カシャーでこれですよ!」

※(画像サイズ相当落としてるから粗い)適当に撮ってもこんな感じでボケボケになるとのこと。
なんという錬金術!っていうか詐欺だろ!普通のパン屋がオシャレ風になってんじゃん!



ほんでお次は島崎酒造に行きますよ。

前もって洞窟予約を入れておいたのでスムーズ。
「蔵と洞窟は違う場所なので、車で着いてきてください」とのこと。


洞窟到着。


洞窟そばにある看板。

ええなこれ。時代を感じますな。


んで、洞窟を案内してもらいます。
写真は好きなだけ撮ってくれとの事。ありがとうございます。

うおー!洞窟楽しい!
聞くと、この洞窟は戦時中のなんかで掘られたものとの事。防空壕ではなくて、なんだっけか忘れた。
ここの土質は珪藻土とかそっち系のだそうで、柔らかいから地震に強いのだとか。3.11でも特に影響は無かったのだそう。
いや〜、しかし、洞窟はイイ!
入った瞬間、向こう側の空気が二層になっててもうホント洞窟感というか洞窟そのものですけども。
とにかく素晴らしかった。
あ、酒の事書いてなかった。この洞窟の中で日本酒が長期熟成されております。
詳しくは公式見てくれ→ http://www.azumarikishi.co.jp/


洞窟を見終わったあと、案内してくれた蔵の人が「ここら辺では一番の観光スポットがあるので、良かったら行ってみては?」と滝の場所を教えてくれた。
つーか、ここらで一番の観光スポットってどう見てもこの洞窟じゃないの?
まぁいいや、行ってみましょ。


滝。

ぬぅ、なんだこれは。
この写真からでは分からんが、有り余る税金をふんだんに使用し風情と情緒を完全に排除しました!みたいな景観ですよ。行けば分かると思う。行かんで良いけど。
滝がダメなのではなくて、周囲がダメだな。清々しいまでの糞っぷり。
友人はプロ顔負けなクソ高いカメラで、糞な景観を美しい情景として撮影することに成功!
多くのイイネ!をいただくであろう写真に惹かれて訪れる人々に数多の悲劇を与えることだろうよ。いいカメラは罪作りやで、ハハハ!


その滝のすぐそばに、ふるさと民芸館っつーしょーもない施設があってね。
一応、この辺の観光案内と土産物屋を兼ねてる道の駅的な。
その施設内にある龍神の目前に立つと目が光ってナレーションが入るというギミックつき。

友人らと一緒でなかったら耐え切れん空気だぞ、これは。


税金チューチューおいしいれすみたいな感じで作ったのかもしれんな。

その施設の外にあった椅子を見るにそんな感じ。
回収しようという気概なんぞさらさら無い観光地でございました。


んで、そこを後にして烏山線の終点駅(烏山駅)に移動。
烏山駅はたぶん風情あるよ!」って俺の力説により行くことになったのだが、改装中のプレハブ駅には風情などまったく無かった。

でもバス停の墓場みたいになってるのは曇り空の雰囲気とあいまってちょっと良かったけどな。
写真撮ってないけど、ここのバスはえらく形状がかっこよかった。


んで、島崎酒造に戻って運転手以外は試飲。

んで、洞窟のお礼とばかりに酒など色々購入。主に友人が。俺は普通酒一本。
しかし洞窟は本当に素晴らしい!これは素晴らしい観光資源ですよ!ありがとうございました。
ちなみにこのあたりの街並みは昭和中期を思わせる感じで俺好みだった。


酒造の目の前にある本屋。

ええですな。



そのあと帰りながら温泉探してたけどなかなか見つからず、適当にスパ銭みたいなところに入った。真岡井頭温泉っていうとこなんだけどスーパー銭湯というより、なんか一つの町みたいな。

写真は館内の休憩所兼食堂なのだが、ステージのところにテレビが2台あって、みんなメシ食いながらテレビ見てるのよ。そこにいきなり普通のオッチャンがカラオケ開始!すげー!このハートの強さ!だってみんなテレビ見てるのよ?いきなり画面がカラオケの映像に切り替わって特にプロというわけでもないフツーのオッチャンの歌声が響くわけよ!でも、当たり前の風景なのか、誰も驚いた感じでもなく。
友人に「ゲッターロボとか歌ってよ!」って頼んだけどやってくんなかった。
ちなみに風呂は結構良かった。
人は凄い多いけど、活気のある施設で気持ちよかった。



んで、帰宅途中に壬生のSAに寄る。
ときめきステーション。

そこの萌えキャラ。
どうでもいいんですけど、このあたり一帯がなんかすげー肥香がするのですよ。
ときめきステーション内はこの肥香が充満しておりまして。
しもつかれとか売ってたんだけど、いやさすがにこの状況だと買う気が失せるだろう…。
いっそのこと、この萌キャラを改め、肥キャラみたいな扱いにしたら、面白がって来客増えるんじゃないかな?
「おいしくなーれ!肥え肥えきゅーん!」とか。
「わたしにこえかけてね!」えっ!?どっち?みたいな。



んで、やっとこさ西新井あたりに戻ってきましたよ。

ほんで、ステーキ食って北千住で解散。辛いスープが美味かった。


いや〜、ホント楽しゅうございました。
楽しくないスポットでも友人がいると楽しくなるよ。
またどっか行きたい。


おわり。