あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

立ち飲みしながら考える


この日の夕方、飲み会かセミナー参加か仕事続行かで揺れ動いていた。
結果から言うと、飲み会は中止となり、中途半端に仕事続けていたのでセミナー参加の時間はとうに過ぎており、ついでに仕事も思ったより早く終わった。そして家にはメシがない。


う〜ん、何と言う不完全燃焼。
年に数回あるよね。この行き場のない魂(ソウル)。


まーいいや、帰りながら考えよう。と、帰りつついろんな店の看板を見てたんだけど、別にガチ飲みしたいわけじゃなかったのよ。
そしたら阿佐ヶ谷の商店街にある『酒ノみつや(トップ画像)』が角打やってるの思い出してね、「ま、イッチョ試しに入ってみますか〜!」と。


酒は10品くらいが入れ替わり。

店で買った酒も追加料金無しで持ち込みOK!*1
日本酒もワインもビールも豊富なので、かなりオススメの店なのでは!?


食べ物は飲み屋じゃないのでそんなにない。

ま、それはエエのヨ。飲んだことない酒を安く飲めれば良いだけなんでな。


よえもんとビールと剣菱古酒を頼んで、後はつまみ適当に。
(よえもんは、"よ"が変換できないので全部ひらがな)

よえもんは俺の好みの系統ではないけど、うまいんじゃないかね。
剣菱古酒はよくできてる。旨いし好み。一升瓶で5000円もする代物だから、買う気しないのでこういうところで飲むのが良いわけです。


んで、夏子の酒を読みながらモシャモシャチビリ。

夏子の酒、実は未読だったりする。3巻の途中まで読んだ。
残り全部読むために何回か通わないといかんね。
今のところ面白いです。



飲みながら、漫画読みながら、他の客の会話をノイズと化しながら、「世の中の酒屋の全てが角打ちやってくれればいいのになー」とか、「そういや、原酒といいつつアルコール添加されてるやつはなんなんだろう?足し引きしないのが原酒なんじゃないか?なんか違和感あるよなー」とか、「(夏子の酒の中に出てくる)"和醸良酒"って良い言葉だけど、リアルだとこういう言葉振り回すやつって意外と場を荒らすよなー」とか。


いろいろぼんやり考えたりもしたけど、実際はどうでも良かった。
帰って白米食って寝た。


おわり。

*1:1000円以上の商品に限る等のちょっとしたルールはあるが、ぞれでも全然安い