あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

菊姫 淳:濃醇っていうんじゃなくって濃い


石川県は白山市菊姫合資会社が造る日本酒ですな。
菊姫自体はこのブログ内では結構出てくるから、おなじみかも知れんな。


裏ラベル

製造年月2012年10月。
これね、贅沢スペックだけど普通酒らしい。


味。
う〜ん、俺はね、菊姫は大体好きなんだけどね。
これも旨いっちゃ旨いんだけど、ちょっとメシに合わないな。


何と言うか、凄く濃いです。
これより濃い酒はいくらでもあるんだけど、これの濃さはちょっと意味が違ってて、あんまり飯に合う感じじゃないタイプの濃さなのよね。
なんでだろうか?濾過バランスなのかねー?
この酒の持つ甘さがちょっとメシに合わせづらい。
濾過系の共通性部分と言っていいのかどうかは分からないけど、それを感じさせる部分がちょっと立ってるというか。
旨いのだけど、マッチングが難しいなー。


「旨いのだけど」みたいな言い方してるけど、別に菊姫ファンなりのフォローってワケでもないぞ。
熟成を感じる部分は素直に旨いと思う。


濃いから薄めると良いのか?と思ったけど、単純に薄くなるだけだった。
まー、このあたりは単純に好みの範疇になるのかもしれないなー。



【追記】
そうだ。言いたい事がわかった。
うまみ以外の部分が濃い。