あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

第2回:大分の地酒と本格焼酎を楽しむ会


椿山荘で行われた大分の酒イベントに行って来たよ記。


中はこんな感じでおます。

会費は6000円の飲み放題、食い放題。
定員300人で会場は広々としてたので飲食物は一見少ないように見えつつ実はスゲー多い。
酒は全種飲んだらまず倒れる。



料理はビュッフェ方式。

出ている食べ物は相当なグルメの方でもなければ大体満足できるかと。
だいたいうまかったんだけど、大分の日常食とか郷土食はほとんど無かった。
やせうま、鳥天、鳥から、だご汁、などこれらが無いのはいささか残念。
素材には大分のものが含まれていたけどね。


立食だけど、テーブルが点在しているので特に苦も無く。
疲れたら会場外の椅子に座ってれば良いし。
来年もこのような形式で良いんではないかね〜。



酒は日本酒とか焼酎とかいろいろ。

焼酎はほとんど飲んでないので分らんけど日本酒だけでいうとあれですな、東京に出てきている蔵の酒は洗練された都会的な味であります。
ちえびじんの紅茶梅酒はかなりいいよ。



◆俺が気に入った酒群
藤居醸造 長期熟成 じいさんの置きみやげ(麦焼酎

これはいいな。俺が好きな感じの柔らか麦。


丹誠酒造 純米酒

うむ、ええ感じの味わい。燗の方が向いてる。


久家本店 特別純米酒

これも良かった。表ラベルが無いから商品名が分らん。
まさか「おもてなし」とかじゃねーよな?


亀の井酒造 玄亀

本醸造も純米も純米吟醸も良く出来てる。うまいねー!


あとは千羽鶴が良かった。
酒の写真が無くて蔵人さんの写真しかなかったので写真は割愛。
その代わり俺の上げたエントリがあるから探して見れ。
俺は好きなので複数本買ったほどのすばらしい酒だ。



即売コーナー

各ブースで飲んだもの以外も置いてあるけど、飲んだものが置いてなかったりする。




これは参加者全員に配られたおみやげ。

普通酒と聞いたこと無い焼酎が入っていてちょっと笑えた。




コアな酒マニアの集まる会ではないので、特に気後れすることは無いでしょう。そういう意味でもオススメ。
参加費6000円っつーのも内容が良かったので特に高いとは思わなかった。


これは非常に楽しかったので、来年も行くでしょうな。
興味ある人は是非来年行ってみるといいでしょう。
ただし、誰かと行かないと結構寂しいかもな。





だいたい満足だったので特に苦言など無いのだけど、無理やり苦言を考えてみる。


①即売コーナーは会場の外で出来んのだろうか?
21時に終了で退場を促されるので、買わずに終了してた人も多いんじゃないかね?
出来れば荷物預かり所の横でやらせてもらうとか。会場的に無理なんかな?
単純に機会損失です。


②食べ物はうまかったけど大分の料理ではなった。
これもひょっとして会場的に厳しいのかね?
椿山荘お抱えシェフにやってもらうことが前提とかだとするなら難しいのかもしれんね。
やはり大分を知ってもらう的意味では機会損失です。
「大分の地酒と本格焼酎を楽しむ会」ってタイトルには「大分の食」ってのは含まれてないから別に間違ってはいないけどね。


③おみやげは気張れ!
ある意味地元でだけ飲まれている地酒そのものなので特に間違ってはいないのではある。
だけど、ここに来ている人たちが喜ぶものじゃないぞ。



でも単純に楽しかったよ。
また来年もやってくれよな!