あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

40〜80の焼酎、0〜100の日本酒

※画像と内容は無関係

俺のマイ持論だがね。


「焼酎は40〜80の幅で、日本酒は0〜100までの幅がある」 *1


この幅とはうまさの事だ。
異論はあるだろうけど持論だから他の意見は聞かない。


何を言いたいかというとだ。


焼酎は適当に買ってもそんなにハズれない。
50で普通・平均のラインなので、ハズレは40〜49の範囲でしかない。
しかもハズレと言っても40〜49の範囲なので、ハズれても目を瞑れるレベル。
そのうえ、49を下回ってるのが結構稀で、ぶっちゃけその辺で売ってるのを買えば50超えてるから、むしろハズレを引くことが稀。
ハズレを引くのはおみくじで凶を引けるくらいの引力を持ってないと厳しい。
分布こそ40〜80だけど、そのほとんどは50〜70で固まっている感がある。


そのかわり、90とか100までは無いので、ド肝を抜くようなものには出会えない。
蒸留酒である焼酎はどうしてもこうならざるを得ないというか。
それでも焼酎は蒸留酒の中でもMAX80まであるから偉い。
しかも、焼酎は安いもので大体安定、というか大安定!エライ!
逆に値段が高くなると趣味っぽい銘柄が増えるから振れ幅も広くなる印象。
味と値段が全く比例していないところが焼酎の魅力の一つだ。


ま、要約すると
「焼酎はテキトーに買ってもハズさないからその辺でテキトーに買えば良いよ」って事になるね。
これは初めて手に取った銘柄でもそうそうハズさないということなので、その辺は焼酎の素晴らしいところ。
多くの人が日常的に飲める銘柄がその辺に転がっているというのは消費者にとってありがたいことなのだ。



その点日本酒はどうかね?
0〜100まであるから、焼酎には無い上限90、100ってのが存在しているんだけど、下限も焼酎と違って底無し。
運良く60以上を引けば良い方だけど、そこら辺で適当に買うと30以下を引いたりする可能性が結構高い。
そんで、焼酎とは違ってそこら辺で買えるものは0〜60くらいがほとんど。
スーパーやコンビニなど、買い易い店に置いてある日本酒はその辺りのが多い。
それより上を目指したいと思ったら、どうしてもこだわりの酒屋に行かねばならん。
入りにくい専門店に行けば60〜100の日本酒を見つけられる可能性があるけど、一見さんではどうしても入りづらいし、自分自身でそれを引き当てる事は困難。
しかも80以上を狙うとそんなに安物は無いという印象が強い。(ま、だいたい2800円は超えるので、焼酎よりも1000円高い)
自分好みのモノを見つけようと思ったら、相当失敗するか、何でも美味しいと思う気持ちを持つしかない。


しかし、運良く80以上の日本酒を自力で引き当てたとしましょう。
そうすると、きっと魅惑の日本酒ワールドに惹きこまれてしまう事でしょう!


そういう意味でも日本酒と言うのは射幸心を煽る飲み物なので、ハマったら抜け出せない人が多いのです。


おわり。


なんなんだろうね、このオチは。

*1:ちなみに、焼酎とは本格焼酎を指しているゾ。泡盛も含むゾ。