あのcongiroが、酒と旅と○○を大いに語る!ブログ!超

酒と旅と散歩とか日々のブログです(毎日更新の毎日更新しないブログです)

萬代 上撰:完全なる普通酒の体ではあるが、それがOKならかなりいける


昨日に続き萬代でございます。
昨日のエントリであのような事を言ったからには、レギュラーも飲んでみる必要があるかな?って事でな。ま、俺は一般の飲み手なんで本当はそんな必要ないんだけども。


スペックはこちら

本当は一升瓶で買いたかったんだけど、空港で見かけたのがこれだったのでとりあえず。


まずこれ、普通酒普通酒たる部分が苦手な人はまず飲めません。
モヤーっとしたアルコール感と特有の甘さ。よくある普通酒ならではの部分がかなりある。
だがしかし、それが問題無いのであればかなりイケる。
というか、日本酒普通酒部門みたいなのがあるなら、かなり上の方だろう。
日常メシにジャストでありながらもそのまま飲んでもイケるバランスの取れた酸味はやはり大手の力量かと。
値段も一升瓶で1500〜1600円くらいだから手頃だしね。


で、やっぱり思うわけさ。
こっち側に特化しちゃって純米とかやめちゃえば?って。
普通酒本醸造でてっぺんでも目指せば良いんじゃないか?とかな。
そっち側のジャンルはまだまだ改良の余地がいくらでもあるしね。


ひょっとして、純米がダメで上撰が良いってのは大手の証なのか?どうなんだろね?


あと、どうでもいいんだけど、俺は萬代の上撰こそがレギュラーと思ってるんだけど、なぜか公式にはトップ画像として載せてるのに商品説明では一切載せてないよね。なんでかね?
そこらの酒屋には上撰しか置いてないのに公式に載せてないとか。


もっと上撰に誇りを持っても良いんではないか?
これに関しては俺が飲んだ普通酒の中でもかなりレベルが高いよ。